スニーカーの洗い方、白いスニーカーを黄ばみ無く蘇らせるには?

スニーカー 洗い方 白
最近流行中の白いスニーカー。

真っ白な清潔感が魅力ですが、自分で洗うと微妙に黄ばんだり、汚れが落としきれなかったりするのではないかと、自信のない人もいるのでは?

今回は、白いスニーカーの洗い方についてまとめていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

白いスニーカーの洗い方

準備

*使うもの*
・野球少年用の洗濯洗剤(固形石けんならブルーキーネット、粉末ならポールなど)
・歯ブラシか靴用タワシ
・ゴム手袋
・バケツ
・ぞうきん(タオル)
・針金ハンガー

*汚れのひどい場合や、シミが気になるときには、酸素系漂白剤を使いましょう。

下準備

① 靴底などの泥汚れをブラシでこすって落とし、ひもを外す
② バケツに40℃程度のお湯を用意する

ブルーキーネットの場合

① スニーカーをバケツのお湯にくぐらせたあと、ブルーキーネットをこすりつける
② ①をそのまま30分程度バケツのお湯に浸しておく
*酸素系漂白剤を使う場合、このとき一緒にいれておきます
③ 歯ブラシや靴用ブラシでこすって汚れを落としていきます
*洗い方のコツは、布目に沿ってブラシを動かすこと
④ バケツの水を数回変えながらすすぎます

ポールの場合

① バケツに40℃~50℃のお湯を用意し、適量の洗剤を溶かします
② 30分ほど下準備したスニーカーをつけおきます
③ 歯ブラシと靴ブラシでこすり洗いしていきます
④ バケツの水を数回替えながらすすぎます

脱水・乾燥

① スニーカーの中にタオルを詰めて、洗濯機の脱水にかけます
② 針金ハンガーの両端を折り曲げたものに引っかけて干します
*ゴムの周りに洗剤分の残ったしずくがたまっていると黄ばみの原因になるので、タオルをいれて脱水すると良いですよ。

白いスニーカーをキレイに保つワザ

おろしたてや、洗い立ての状態を長持ちさせるワザをご紹介しましょう。

ろうを塗る

白ろうそくをキャンバス地にこすりつけておくと、水や汚れをはじいてくれます。
専用の防水スプレーの代用になります。

ベビーパウダーをはたく

布地の目にパウダーが入り、黒ずむのを防いでくれます。

ゴムの部分は消しゴムで

消しゴムや、メラミンスポンジを使うと真っ白に!
洗うときに一緒にやってみてもOKです。

まとめ

○野球少年達が愛用している洗剤は、泥汚れが激落ちです
○つけ置きとこすり洗いを併用すると良く落ちます
○すすぎや脱水が不十分にならないように注意する

一般的な洗濯洗剤よりも、野球少年達が愛用しているブルーキーネットやポールといったものは、泥汚れをよく落としてくれます。

スポーツ店の野球用具のところに小分けしたものが売っている事もあります。

つけ置き&手洗いでお気に入りのスニーカーを真っ白にしちゃいましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告