鉄鍋の焦げをスルリとスマートに落とす方法とは?

鉄 鍋 焦げ (1)
鉄の鍋を焦がしてしまったとき、どんな風に落としていますか?

ひたすらタワシでこすっていますか?

金タワシでガシガシこすっていますか?

がっちり焦げ付いてしまった場合でも、ちょっとした知識があれば鉄鍋の焦げを簡単に落とせるという情報をお届けしますよ。

・鉄鍋の焦げをスルリとスマートに落とす方法
・焦げ付きを落とす時のポイント
・鉄鍋の正しいお手入れ

についてまとめていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

鉄鍋の焦げをスルリとスマートに落とす方法

・天日干し
・重曹を入れて煮立てる
・バーナーで焼き切る

鍋の内側に焦げ付きを作ってしまった場合には、とりあえず日光に当ててカサカサにしてはがす方法を試して見ましょう。

キレイに洗って1日天日干ししたら、しばらく水に浸して焦げ付きに水を吸わせます。

もう一度、天日に干して焦げ付きを良く乾かします。

この行程を終えてからへらなどでこするとカリッ、パカッと焦げ部分がはがれてくれます。

「もう少し短い行程で落としたい!」と言うときには、重曹を入れて火にかけた後でこすります。

200ccのお湯と大さじ1程度の重曹を入れて、焦げを落としたい鍋を加熱します。

10分ほど煮立ててから洗うと、普通にこすり洗いするだけで落ちるようになります。

どうしても残ってしまう部分は、ペットボトルの蓋のギザギザやへらでこすると良いですね。

そしてラスボス的な焦げ付き…鉄製のフライパンの側面にこびりついた焦げは、バーナーであぶって、へらでこそげ落としていきます。

常温ではちっとも削れてくれない焦げつきも、バーナーであぶることではがしやすくなります。

鉄 鍋 焦げ (2)

焦げ付きを落とす時のポイント

・焦げ付きは重曹を使うと効果的
・鉄鍋は焦げても再生可能、磨き治しが効く
・温度変化、乾燥を繰り返すのも効果的

鉄の鍋の場合には、ひどい焦げ付きがある場合でも、焼き切って磨くと再生が可能です。

から鍋をコンロにかけて煙が立つほど熱するか、庭など火を使っても大丈夫な場所で、バーナーであぶっては、へらでこそげ落としていきます。

焼き切りと、やすりがけでかなりきれいな状態にする事が出来ますから、あきらめないで焦げ落としにチャレンジして見ましょう。

鉄鍋では、こすり洗いで焦げが落ちたら、油をなじませておく事を忘れないようにします。

丁寧に油をなじませる行程を繰り返しながら使い込んでいくと、自然と皮膜が出来て、焦げ付きにくくなっていきます。

アルミ製やステンレスとは違っているところです。

鉄鍋のお手入れのポイント

鉄鍋の使い始めには、黒さび付けといって、焼きを入れて全体を黒光りさせるように熱を入れます。

新品の場合、銀色のこともありますが、煙が出るほどに熱すると青みがかった黒になります。

この黒さびが、腐食の原因になるサビから守ってくれるので、必ず使い始めにしておきたい行程です。

そこに、油を入れて火にかけ、油をなじませます。

フライパンの場合には、タワシで洗剤を使わずに洗い、火にかけて乾かしたら再度油をなじませてから保管します。

テフロン加工のフライパンは、一度焦げるようになると、テフロン加工が劣化して屋着心地が蘇ることがありません。

鉄のフライパンの場合には、どうしても焦げ付きが目立つようになったら、焼き切りとやすり磨きで使い始めの頃の感じにリセットする事が出来るのです。

『焦げ付きがひどくなった場合には、磨き込んでから、焼き入れして、油をなじませる』

コレを繰り返すことで、鉄のフライパン、鍋は長期にわたって使い込んでいくことが出来るのです。

ちょっと高価でも、鉄のしっかりしたフライパンや鍋には、長く使える確かな品物という印象が持てますね。

まとめ

○ 鉄の鍋やフライパンが焦げてしまったら、空焼き、重曹等で落とす
○ どんなに焦げ付いていても、鉄製の鍋、フライパンは再生が可能
○ 手入れしながら使うことで、長期間津会い続けることが出来る

テフロン加工の鍋が広く出回っていますが、高温で空焼きすることも出来ませんし、テフロンが劣化したら、焦げ付きにくいというメリットもなくなってしまいます。

数年持たずに買い換えることが多いと思います。

鉄の鍋やフライパンでは、ちょっと焦げ付かせたりしても、メンテナンスをして行けば、何十年でも使い続ける事が出来るというのはすごいです。

そのためには、使い始めにしっかり黒さび付けの焼き入れをして、油をなじませることが大切なんですね。

油をなじませながら使い込んでいく道具ですから、安易に洗剤で洗わないようにして皮膜を育てていくと、使い勝手が良くなっていきます。

鉄鍋は、重くて手入れが面倒だというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、長く使えるホンモノ志向であることと、自然と鉄分の補給に役立つというところが魅力ですね。

もし、焦げた鉄鍋やフライパンをお持ちでしたら、是非メンテナンスして、蘇らせてあげて下さいね。

我が家の鉄の中華鍋ももう少し、キレイに使ってあげようかな…なんて思いますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告