要約のコツを知って伝わりやすい文章を書こう!

要約、コツ (1)
ブログや仕事の報告書など、わかりやすい文章をかけたらと思う事は多いですね。

上手い文章を書こうと気負って、言葉が多くなると言いたいことがぼやけてしまいます。

わかりやすい文章とは、誰もが要約しやすい文章なのです。

文章要約のコツを知っていると、相手に伝わりやすい文章を書く事が出来ます。

文章要約のコツを知ってわかりやすい文章を書いて見ましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

文章要約のコツは“文のはじめと終わりに注目”

ほとんどの文章では、はじめの部分で何について書こうとしているのか提示しています。

次に、詳しい内容や説明、まとめと言う流れになっています。

少ない字数で要約する場合には、はじめと終わりに着目すると効率よくポイントをつかむことができます。

あわせて本文に含まれている5W1H1(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)が抜き書きされているかをチェックしましょう。

文章の骨組みを的確にまとめるられたら、字数によっては、詳しい説明やエピソードを織り込みましょう。

① 文章の主題を文のはじめと終わりから見つける。
② 主題を5~7文節の一文であらわす。
③ ②の内容が詳しくわかる文を要約の文字数に応じて追加する

自分で書く時の文章作りのコツ

何について書きたいのかテーマに沿った本題は20%程度、残りはさらに説明する内容や、興味をひきつけるための内容になっているとわかっていれば、要約がラクになります。

肉付けに使われた修飾や説明を外して文章を要約する事が出来ると、本題が見えてきます。

伝わりやすい文章にするには、飾りの言葉や回りくどい表現をスッキリさせる事が大切だとわかります。

また、一文に含まれる語句のかたまりを5つ程度にする事もわかりやすさには大切なコツです。

一文が長すぎないか、要約しやすい文章になっているかをチェックすることが、わかりやすい文章作りに役立つのです。

言いたいことを肉付けしながら文章のボリュームを増やしていく書き方をすると、要約しやすい文章になりますから、わかりやすい文章にあると言えますね。

まとめ

○ 要約のコツをつかむとわかりやすい文章を書くコツがわかる
○ 筆者の言いたいことは、文のはじめと終わりに集中している
○ わかりやすい文章は、一文が短く、簡潔な表現で書かれている

要約のコツを知っていると、スッキリとした伝わりやすい文章を書くのに役立ちます。

豊かな文章から主題をサッと抜き出して要約出来る事が、わかりやすい文章を書くコツにつながっているのですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告