コミュ障の改善方法とは?オウム返しでも乗り切れる?

コミュ障 改善方法 (1)_R
コミュ障で悩んでいると、会話の中心で楽しそうに話している人が羨ましく感じます。

でも、「コミュ障だから友達が出来ない・・・」とネガティブにこもらずに、「コミュ障だから失礼あっても悪気はないから!」と、むしろ自分がコミュ障だと認めてしまった方が楽かもしれません。

まずはここから始めたい、コミュ障改善方法をまとめていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

相手を受け入れるサインさえ出せればOK

コミュ障だと気にしている人の悩みを書きだしてみましょう。

・会話が続かない
・相手が不快に思っていないか常に気になる
・目を見る事が出来ない
・人の集まるところが苦痛

コミュ力の高い人は、相手の言葉だけでなく表情やしぐさ、目線の動きなどで心を察知しています。

自分自身の表情やしぐさも、気持ちの動きに合わせて大きく変化するので、話相手も対応しやすいのです。

コミュ障だと気にしている人は、人と帯するときに自信がなく、リアクションが小さいので、話相手も不安になっている可能性があると気付くことが改善方法のスタートです。

会話の中身だけが問題ではなく、リアクションの微妙さでぎくしゃくする事がある事をしっておきましょう。

会話を続けるにはオウム返しを使って見る

まず、食事の時なら「それ、おいしそうですね」、「コレはクレソンですか?」など何でもOKです。

口を開くことがコミュ障改善方法の第一歩です。

そして、相手が話し始めたら、目を見て「へー、すごいですね」、「それはびっくりしますね」などしっかりリアクションしましょう。

リアクションがよいと、あなたから話題を振らなくても相手は話したいことを見つけてどんどん話してくれるはずです。

心の中で相手に興味を持っているのに、目を伏せていたり、感情のない表情で、「ソーですか」、「ナルホド」などといった相づちでは盛り上がるハズがありません。

少しだけリラックスして、大げさなリアクションにチャレンジして見る事が改善方法につながります。

こうしてコミュニケーションをとることで、相手に聞いてみたいこと、話したい事が見つかって会話が続くようになるのです。

まとめ

○ コミュ障だとネガティブイメージを持つのはNG
○ とりあえず勇気を出してリアクションを大げさにして見る
○ オウム返しで会話が続けばOKというくらいに気楽に対する

人と感じ方が違うことで悩むコミュ障の方もいますが、人と関わる経験を増やす事で慣れていきます。

相手も、あなたの感じ方やリアクションに慣れてしまえば個性として受け入れてくれるかもしれません。

失敗を恐れずにチャレンジして見てくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告