車のボディの艶をキープさせるために

e0bd4a36f23050b185e59f528cbce65a_m
マイカーをとても大切にする人にとっては、車のボディが少しでも傷つくことを嫌います。

そのためには、毎週のように洗車場で車を洗って、ワックスがけをして、しっかりと磨き上げて、見事な艶が光ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ワックスよりよいガラスコーティング

傷もなく汚れもなく、いつもピカピカにしている車は素晴らしいと感じるものです。

しかし、最近は手間暇をかけずに、常に輝きを保つことができる方法があります。

ガラスコーティングと呼ばれている方法です。

最近は、水垢が付きにくく、艶もキープできる方法として、ポリマーワックスという方法があります。

これよりもさらに長く艶を維持しながら、尚且つ、傷からボディを守ってくれるのが、ガラスコーティングなのです。

ガラスコーティングの特徴は?

このコーティングは薄いガラス状のコーティングで車を覆う方法です。

薄い膜で覆われているために、少々の傷にも耐えうるのです。

しかも、膜は水分を弾く特性があるので、ワックスのように汚れや水垢もつきにくく、長い間、きれいな状態を保てるのです。

どのくらい持つコーティングか?

ガラスコーティングは、約1年程、効果が続きます。

コーティングには、1回当たり2、3万円程度の費用がかかり割高感があります。

しかし、頻繁に戦車やワックスをする人にすれば、ガラスやコーディンクの方か、トータル的には安いケースも少なくありません。

また、新車購入時に合わせて、ガーディーラーにガラスコーティングを頼むと、費用は値引去れて、実質的にはタダになることもあります。

このようなことから、ガラスコーティングは長らく車の美しさも保つ有効な手段なのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告