眠いのに寝れない原因はうつ、ブルーライト? 自然に眠るには?

眠い 寝れない 原因 (1)_R
眠いのに寝れないのはツライですね。

神経が休まらなずに寝れない原因は、うつ症状、寝る直前のスマホやPCのブルーライトが問題になっています。

自然に眠るにはどうしたらよいのかまとめていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

眠いのに眠れない原因とは?

眠りを妨げる厳として考えられるのは・・・
・スマホやPCのブルーライト
・遅い食事
・寝る間際の運動
・ストレス
・うつ

睡眠に入りにくくするのは、神経の興奮状態が続いていることが考えられます。

スマホやPCを寝る間際までしているという場合は、習慣を変えてみましょう。

ストレスやうつでは、眠いのに寝れないという状態になって、体調の悪さも出てきますから、心療内科で相談する、休みたいだけ心と体を休ませるという事が必要になってきます。

また、セロトニン不足が原因で寝れない場合には、日中しっかり太陽を浴びる、良質のたんぱく質を食べることに気をつけてみましょう。

規則正しい生活と食事で自律神経が上手く働くようになって、眠りに入りやすくなるケースがあります。

眠い 寝れない 原因 (2)_R

自然に眠るために試したいこと

・寝る3時間前までに夕食をすませる
・寝る2時間くらい前に軽く運動する
・寝る1時間くらい前に湯船に浸かり入浴する
・熱がこもらないように休んでから眠る
・寝る前にホットミルク

眠る直前に満腹になっていると、睡眠中も胃腸が活発に動くことになり、負担をかけてしまいますから、余裕を持って食事の時間を早めにしましょう。

また、睡眠に入る時に体温が下がり始めるタイミングで眠りやすいので、湯船に浸かって入浴して30分~1時間くらいしてから布団に入ると良いですね。

自律神経の乱れが心配な場合には、腹式呼吸、昼閒に太陽の光を浴びる、ウォーキングするといったことを取り入れルのが有効です。

ホットミルクは体を温めて緊張をほぐしますし、カルシウムなどのミネラル、良質のたんぱく質が精神的を落ち着ける効果があります。

まとめ

○ 睡眠を妨げる習慣がないかチェックしよう
○ 規則正しい生活や良質のたんぱく質を摂る食事を意識して見よう
○ ストレスやうつが気になる場合は心療内科に相談して見よう

神経性の原因で眠れない場合には、目が冴えてしまってという事が多いですが、セロトニン不足、ストレスで眠れない時には、眠いのに眠れない場合があります。

ホットミルクを飲む、腹式呼吸をする、太陽の光を浴びる、ウォーキングといった自律神経の働きをよくする対策をして見ましょう。

ストレスやうつ症状が気になる時には、心療内科で相談して、適切な治療を受ける事で早く改善できるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告