通勤ラッシュを回避する10の方法!気持ちをアゲルには?

通勤ラッシュ 回避 (1)
ビジネスパーソンならほとんどの人が抱える悩み・・・それは、朝の通勤ラッシュです。
知らない人とギュウギュウになって電車に乗ることを考えると憂鬱になりますね。
そんな通勤ラッシュを回避するための秘策についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

通勤ラッシュを回避出来る10の方法

①早朝の電車を利用する。
②乗り継ぎを空いている路線で考える。
③フレックスタイムを利用して出勤時間をずらす。
④電車に乗らず自転車や徒歩で出勤する。
⑤通勤ラッシュのない勤務地に転勤する。
⑥出勤時間の違う職種に転職する。
⑦職場に泊まり込む。
⑧職場の近くに引っ越す。
⑨ネットで出来る仕事をして会社に行かない。
⑩宝くじを当てて南の島に移住する。

なぜあんな通勤ラッシュが起こるのでしょうか?

それは、出社時間にちょうど良い時間所場に着きたいと思う人が多いからです。

当たり前のことですが、空いている時間は、とても早い時間か、ちょっとだけ遅い時間。

現実的に通勤ラッシュを回避出来るのは、この方法ですから、“朝活”するつもりで早朝の時間帯に出勤してみましょう。

通勤ラッシュを思考転換で乗り切る

通勤ラッシュがイヤでたまらないのは、疲れやストレスがたまっているからではありませんか?

人は前向きになれないことに対して、やらなくて良い理由を探します。

ダメ出しが続いている、人間関係がうっとうしい、仕事に面白みが感じられない・・・。

通勤ラッシュの閉塞感が、自分の気持ちを追い込んでしまっているのかもしれません。

通勤ラッシュそのものがツライだけなら、早朝出勤の習慣作りにチャレンジしましょう。

早朝の時間を楽しむ余裕があれば、気持ちがスッキリしてポジティブになる事が出来ます。

早く家を出ると、違う路線を開拓したり、自転車や徒歩を組み入れたり、選択の幅が広がります。

自分で考えて、人と違うパターンを探すなんて、ちょっと面白いことですね。

その選択肢が、転職や引っ越しかもしれません。

想像するだけでもちょっと気持ちがあがりませんか?

通勤ラッシュ 回避 (2)

まとめ

○ 通勤ラッシュ回避には、人と違う行動を楽しんで試して見る。
○ 一番現実的な方法は、早起きを習慣にすること。
○ 考え方を変えて、余裕が持てる方法を見つけよう。

通勤ラッシュがどうしてもイヤなら、生活習慣か、通勤先を変えることになります。

あなたの価値観が何を大事にするかで決まってきますが、地道に毎日を過ごしていることにも価値があります。

そんな気持ちになれたら、明日はきっと良い日になるでしょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告