偏頭痛が雨の日にひどい!原因と対処法は?


頭痛の原因、起こり方は人それぞれですが、中には雨の日に偏頭痛がひどくなって困っている人もいるかもしれません。

ただでさえ気分が沈みがちな雨の日に頭痛は辛いですよね。

この記事では雨の日にひどくなる偏頭痛の原因と対処法をいろいろな人の体験からさぐっていこうと思います。

頭痛のタイプにはどんな頭痛があるの?

頭痛の種類を大きくわけると頭の片側だけ起こることの多い偏頭痛、頭全体が痛くなる緊張型頭痛のほか、群発的に起こる群発頭痛があると知られています。

頭痛によって頭を冷やすとよくなる場合と温めてよくなる場合があります。

一般に偏頭痛は頭を冷やすと痛みが和らぐと言われていますが、偏頭痛のほかに緊張型頭痛が同時に出てきている場合には冷やすと別の痛みが出てくるかもしれません。

単純に冷やせば治る、温めれば治るというわけでないのが、偏頭痛の対処の難しさになります。

雨の日に偏頭痛がひどくなる原因は?

雨そのものが偏頭痛の原因ではなく、雨が降っている日には気圧が下がっていることが体調に影響するのではないかと考えられます。

気圧が低いと体全体がボーッとした感じになる人も多いのではと思いますが、血管もいくぶん膨張ぎみなのではと思います。

膨張した血管に圧迫されてるのが原因で偏頭痛が起きるという考え方もあります。

また気圧の上下が大きいときには体が対応できず、その人の弱っている部分に不調がくることもあります。

偏頭痛が出たり眠気が出たり、人によってさまざまな体調不良が起こってきます。

雨の日に偏頭痛がひどい時の対処法は?

偏頭痛に悩むいろいろな人の体験によると、人によって偏頭痛との付き合い方はいろいろです。

トリプタン系薬剤が出てからこの薬で偏頭痛に対処できるようになった人も多いようです。

また自分にとって効き目のある偏頭痛のツボを探しておくと、補助的に対処することができそうです。

頭の頭頂部にある百会(ひゃくえ)、親指と人差し指の間にある合谷(ごうこく)、足の甲で薬指と小指の骨の付け根の間あたりにあるくぼみの足臨泣(あしりんきゅう)などが頭痛で知られているツボです。

そのほかにも偏頭痛に効くといわれているツボは多くあるため、自分で頭や手足のツボをいろいろ押してみて、頭痛がやわらぐポイントがあったらおぼえておくと便利そうですね。

まとめ

偏頭痛の痛みは仕事に差し障るほど辛く、実際になった人でないとこの辛さはわからないですよね。

雨の日など天気によって偏頭痛がひどくなる人は、気圧配置など毎日チェックしている人もいるのではないかと思います。

薬やツボで対処できる面もありますが、睡眠不足など体力が落ちていると体調全般が回復できません。

寝不足を直すだけでも頭痛が起きにくくなるかもしれないですよね。

栄養や休息を十分にとって、雨の日に備えるようにしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする