光回線について

自宅,集中,方法 (2)
フレッツ光回線、コラボレーション光について。

ようは光回線2ついての最近の販売スタイルについてお話ししていきたいです。

かといって批判するつもりもありまんせん。

最近、引っ越しするさい引越し侍というアプリ、サイトを使いました。

そこで格安のひっこし業者だけでなく、光回線も一緒に申し込むことができました。

引越し業者に関しては一番有名なところにしました。

次に光回線は「フレッツ系」「コラボ系」と分かれていました。私はメリットの多いフレッツ系を利用しました。

光コラボレーションは短期的にはメリットが大きいです。

キャッシュバックで最高4万円というのも見ました。

それでも光コラボレーションは、もし光回線が切れたり、インターネットが見れなくなった時はどこに電話すればいいか?

それがはっきりしないことです。アフターフォローがやはりNTT西日本とは違うため、どうしても避けたくなります。

私はNTT西日本、フレッツ光にしてよかッタデス。やはり桁違いにフォローがしっかりしています。

光回線のホームゲートウェイに無線LANカードをつけています。

無線が不安定になった際にIPカスタマーセンタの1番に電話すれば問題なかったです。

NTT西日本にはClub NTT Westという窓口もあります。

不安定な時に治し方がわかる。すぐに電話がつながるってことが本当にいいことだと感じてます。

今後もNTT西日本のやはりプロに、回線の扱いに関してはプロ中のプロのインフラ会社に任せるべきだと感じています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告