美容と健康は口から取り入れるのが一番

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_m
美容と健康は誰もが気になることですよね。いつまでも元気でいたいし綺麗になりたい!

若くいたい!と思うのは当たり前のことです。

たくさん美容、健康法がある中で一番、自然に効果が出るのは方法は、なんだと思いますか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

白湯は体内を綺麗にしてくれて疲れた体も癒してくれる

話題になった白湯というのを知っていますか?

白湯とは水を沸かして湯にした物です。白湯を飲む時には飲みやすい程度まで少し置き冷まします。

普段、飲みなれていない方は最初、全部飲み干すのも少し大変かと思いますが最初から無理することなく自分のペースで飲みましょう。

目安はマグカップ1杯も、いかないくらいで十分です。

慣れてくると、だんだん飲むのが大変ではなくなります。

人によっては味のしなかった湯なのに甘みを感じるまでになるのです。

白湯には体内を綺麗にしてくれるデトックス効果があるので効果が現れ始めると味覚も本来の働きを取り戻してくれるんでしょう。

それに白湯を飲む時は温かいのでゆっくりと時間をかけて飲むため夜に飲めば体は温まりぐっすり寝つけて良質な睡眠もとれて日頃のストレスが解消されますよ。

それに翌朝の目覚めも良くて体がスッキリとします。

朝のお通じにも良い効果が出てきます。

たかが白湯。飲んでいる時も白湯の温かさが優しいのでリラックスできます。

1日1杯の白湯を毎日の美容と健康の為に今日からでも試してみてくださいね。たかが白湯されど白湯。1度、飲んでみると白湯の魅力を感じるはずです。

黒酢にもたくさんの嬉しい効果が

黒酢は、皆さん聞いたことや目にしたことがある方が多いかと思います。

黒酢には美容にも健康にも嬉しい効果がたくさんあるんです。

お酢が苦手だという人には飲むことが辛いかもしれませんが普段、口にしているお酢とはまた少し違うのが黒酢です。

食卓に並ぶ酢の物や酢豚などで使うお酢より酸っぱさが少ないです。

そして黒酢を始める時に気を付けたいのは黒酢を原液そのままで飲まないことです。

お湯だったり水などで薄めて飲みましょう。

それと黒酢は効果を期待しすぎて過剰に摂取しすぎてしまうと胃が荒れてしまうので胃が荒れないように、それぞれの黒酢本体に書かれている分量を守って1日に1回飲む程度にすることをオススメします。

飲む時間帯は朝が良いと思います。に黒酢を飲むと、いつもよりエネルギーが溢れてくるので元気に!

パワフルに!過ごすことができるんです。これは忙しい毎日を過ごしていく為には嬉しい効果ですよね。

プラス血流の改善効果も、高血圧予防効果もあって、さらにそれに加えてダイエット効果も期待できちゃいます。

美容の為にも体型維持はしたいですし肥満防止をする事も健康でいる秘訣ですもんね。

黒酢は専門店もあるくらい美容や健康に気を使っている人達には人気があって今は色んな味の黒酢が揃っていて飲みやすいものが多いですよ。

マンゴーだったりリンゴ味の黒酢などなど。専門店だけではなく普段お買い物をするスーパーでも取り扱っていることが多いので気軽に始めることができますね。

アサイーは鉄分が豊富で疲労回復もできる優れもの

アサイーは流行にも、なっていたので皆さん知っていますよね。アサイーは流行っているから勧めたいわけではなく試してみると本当に驚く効果を身をもって知ることができる優れものです。アサイーとはブラジル・アマゾン原産のヤシ科の植物です。

見た目はブルーベリーに似ていますよね。

ミラクルフルーツや奇跡のフルーツと呼ばれるほど美意識の高い人や健康志向の人達に注目されていますね。

アサイーは美容ならダイエット効果、肌が綺麗になる効果、老化を防いでくれるアンチエイジングの効果などがあります。

健康面では疲れたなぁという時にこそアサイージュースを試してほしいです。

飲めば疲労回復の効果があります。

結構すぐに効果が出やすいので暑い夏などにバテそうな時にも飲みたいですね。

そして特に女性には嬉しい効果が。貧血予防の効果があります。

なんといってもアサイーには鉄分がとっても豊富なんです。

鉄分が豊富な、ほうれんそうの約7倍もアサイーには鉄分があるんですよ。

そしてレバーよりも多いのです。

レバーや野菜を貧血予防に摂取しようとたくさん食べるのには限界がありますがアサイーならジュースやヨーグルトなどで摂取しやすくてとても良いですよね。

もちろん、外側からのケアも美容や健康の為には必要な時もあると思いますが、それ以上に内側から綺麗に、そして元気でいる為には、体に良いものを日々、口から取り入れるほうが自然で体も心も喜んでくれると思います。

美容と健康をハッピーに取り入れていきたいですね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告