バーベキューがしたい!用意するものリストに外せないものとは?

バーベキュー 用意するもの
バーベキューがしたいと思った時に、コンロ、食材がなければはじまりませんが、あったら良かったと気付くものも結構ありますね。

そんな、あったら便利なものも含めて、バーベキューの時に用意するものをまとめてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

バーベキュー基本の用意するものリスト

・コンロ
・網、鉄板
・炭、たき付け、着火剤、バーナーやコンロ用ライター
・うちわ、新聞紙
・軍手、タオル
・椅子、テーブル、ブルーシート
・タープ、日よけテント
・クーラーボックス、保冷剤や氷
・トング
・霧吹き
・ウェットティッシュ
・ゴミ袋
・まな板や包丁(調理が必要な時)
・箸、取り皿、コップ
・タレ、塩こしょう、サラダ油など調味料
・お好みの食材

コンロ一式をレンタル出来る会場ですと、荷物が減ってラクですね。

持参する場合でも、網や鉄板など焦げ付きで後始末が大変になるものは、100円ショップやホームセンターの使い捨てタイプを使うのも手です。

新聞紙にまいて持ち帰り、お住まいのゴミルールに従って処分してしまいましょう。

日差しを遮るものがない場所でのバーベキューは、タープや日よけテントがあると助かります。

また、お肉や野菜を焼くときに持ち手の長いトングがあると、炭火の直撃を受けることがありません。

普通サイズのトングや、お箸を使うなら、焼き役の人は、軍手をはめたままで対応しましょう。

脂身の多いお肉を焼くときに炎が上がるときがあります。

霧吹きで水をむきかけると抑えることが出来ます。

バーベキュー 用意するもの2

バーベキューの食材・用意するもの

・焼き肉用の肉
・海鮮
・野菜

これらが王道ですが、豚串や焼き鳥などの串焼き、ソーセージやベーコンも良いですね。

海鮮では、イカ焼き、エビや貝類、干物などもあるとバリエーションが広がります。

野菜は、タマネギ、ししとう、なす、カボチャなどが使いやすくおいしいですね。

プチトマトの串焼き、じゃがいもやサツマイモの焼き芋などもオススメです。

焼き芋は、濡れキッチンペーパーにくるんで濡らして、アルミホイルに包み、そのまま炭火のワキに仕込んでおけば、30分~1時間ほどの肉に飽きた頃にホクホクになっています。

ちょっと変わったバーベキューネタ

・焼きバナナ
・焼きリンゴ
・焼きマシュマロ
・バームクーヘン

竹にアルミ箔をまいたものに、ホットケーキミックスを使った生地をかけ、回しながら焼くを繰り返すと、年輪が出来ます。

直火でいろいろ焼いて食べるのが楽しいですね。

まとめ

○友人などのグループなら、用意するものを分担するとラク
○現地でのレンタルが可能な場合には、コンロなどレンタルを検討して見よう

屋外でのバーベキューは、荷物が多いと運ぶのが大変ですね。

グループで用意するものがかさばる場合には、分担して持ち寄るとか、飲み物は持参するとか持ってきてもらうものを決めておくと良いですね。

事前の準備で、バーベキューをスムーズに楽しみたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告