メモリーカードデータが消える原因とは?長期保存にご注意!

メモリーカード データ 消える 原因 (1)
「メモリーカードのデータがいきなり消えてしまった!」なんて言う不幸な事故がたまに起こります。

パソコンやタブレット、スマホ、カメラでメモリーカードを使っている方は多いと思いますが、残念なことに、絶対ではないのです。

不幸なデータ消失に見舞われないように、メモリーカードのデータが消える原因について知っておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

メモリーカードのデータが消える原因は?

メモリーカードのデータが消える原因は大きく分けて2つあります。

・カードそのものの破損
・一部ファイルの不具合で読み込めなくなっている

けれども、メモリーカードそのものは、コネクタ部分が割れるなど破損する場合を除いてかなりの耐久性があります。

水濡れや、磁気でデータが消えることもまず無いでしょう。

水濡れの時には、しっかり水滴を拭き取って、乾燥させてから使います。

パソコン、タブレット、スマホ、カメラに挿したまま、データが消えるのは、ファイルの不具合で読み込みが出来なくなった状態だと考えてください。

機器に挿していても、一見書き込み中に見えなくても、自動更新が行われていたり、通信が行われている場合があります。

また、パソコンから取り出すときに“安全なとりはずし”を使わずに抜いてしまったことはありませんか?

すると、ファイルの書き込みにエラーがでて、読み込み出来ないファイルが出来てしまい、“データがありません”などメモリーカードの故障だと思えるエラーがでるのです。

メモリーカード データ 消える 原因 (2)

メモリーカードのデータが消える事故を防ぐには?

・“安全な取り外し”を使う
・自動更新をストップさせて抜き挿しを行う
・機器の電源をいきなり切ったり、落としたりしない

メモリーカードの書き込み作業を途中で中止させたり、書き込み中に衝撃を与えたりすると不良ファイルが出来てしまうことがあります。

メモリーカードそのものは壊れていないのに、不良ファイルが読み込めないばっかりにデータを見る事が出来無くなっているのです。

専門のレスキューサービスなら、復元可能かもしれません。

まとめ

○ メモリーカードのデータが消えるのは、不良ファイルが原因
○ 通信している途中で抜き挿しをしない
○ あきらめられないときは専門業者で復元

メモリーカードの書き込み作業をしているかちょっと見てわからないこともあります。
スマホなどでは、自動更新を切るアプリもありますし、書き込み作業を中断させないように気をつけることで、データが消えてしまう事故を防ぐことが出来るのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告