車内温度上昇防止に役立つ5つの方法とは?

車内温度上昇防止_R
夏場は車内温度が60℃にもなると言われています。

車内温度上昇防止を考えなければ、車に乗るたびに熱くて大変な思いをしなければなりません。

ハンドルやダッシュボードは70℃にもなると言いますから、熱くて触れないほどですね。

ちょっとした工夫で車内温度上昇防止になり、エアコンの節約にもなりますから、夏場には特に意識しておきたいですね。

窓を少しだけ開ける

駐車するときに、1~2㎝くらい窓にスキマを開けておきます。

運転席側と助手席側をそれぞれ開けておくと、風の通り道が出来て外の空気と自然に循環します。

外気温程度にはなりますが、車内温度上昇防止に役立ちます。

サンシェード・スモークフィルムを使う

車内温度上昇防止には、ガラス面から入る太陽光の対策がポイントです。

ガラス面に遮光効果のあるスモークフィルムを貼る、駐車するときにはフロントガラスにサンシェードをセットすると、車内温度上昇防止に役立ちます。

天井に水をかける

熱くなったボディーに天井から水をかけて冷やします。

車体そのものが熱くなったままよりも、水をかけてボディーを冷やしたほうが、エアコンが利きやすくなります。

日陰に駐車する

地下駐車場を利用する、直射日光が当たらないスペースに駐車するなど、日光を避けて駐車します。

気温そのものから受ける影響よりも、日光から受ける影響が大きいですから、車内温度上昇防止には、駐車スペースの選び方も大切です。

ドアの開閉で空気を入れ換える

車に乗り込むときに、いきなり乗り込まずにドアの開閉を使って車内の空気を入れ換えましょう。

①運転席側のドアか窓を開けます。
②助手席側のドアをつかんで大きく扇ぐイメージで開閉させます。

密閉されがちな車内空間だからこそ、ドアを大きく開閉させることで車内の空気を効率的に入れ換えることが出来ます。

車内温度が上昇してしまった時に温まった空気をあらかじめ逃がしておくことで、エアコンの利きが良くなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

まとめ

車内温度上昇防止には・・・

○ 日光が当たらない駐車スペースを選び、難しい場合はサンシェードを使う
○ 天井に水をかけて、ボディーを冷やす
○ 窓を開ける、ドアの開閉で車内の空気をよどませない

といったことがポイントになります。

室温60℃だなんて温泉タマゴが出来てしまいまそうな温度ですね。

車から離れるときには、車内温度上昇防止対策をしておきたいですし、車に乗り込むときには、必ず空気の入れ換えを行って車内の温度を下げてからにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告