免許証の写真撮影のコツ!驚きの違いが出る方法とは?

免許証 写真 コツ
自動車免許証は、何かと身分証明にも利用される事が多いですが、写真が気に入らないという人も多いですね。

発行の手続きをするときは流れ作業ですし、不意を突かれてガックリするような表情のまま免許証になってしまう事もあります。

免許証の写真うつりを良くするコツについて調べていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

写真うつりを良くするコツとは?

・顔色を明るく見せるなら、白っぽい服装で
・目線をレンズの少し上にする
・撮影の瞬間は楽しいことを思い浮かべ、自然な笑顔になるように
・ロングヘアの場合、顔にかからないようにまとめる
・姿勢良く、良い写りの角度をチェックしておく

カメラマンが写真を取るときには、レフ板を使います。

光を反射してくれる板を使って、自然の光を集めて顔色をキレイに見せています。

白っぽい服装する、スケッチブックや、白い布やバッグなどを胸元に持ってくるといった工夫で、顔色のトーンが明るくなります。

なんだか元気ない、暗い、残念な感じは、影が原因になっている事が多いのです。

姿勢を正して軽く顎を引いて、髪が顔にかからないようにすると、影が出来にくく、スッキリとした印象になります。

やや上目遣いにすると目が大きく見える効果もあります。

免許証_R

免許証の写真を納得の仕上がりにするには?

準備

・鏡で姿勢や顔の角度をチェックしておく
・白っぽい服装か、レフ板代わりになるものを持参する
・メイクはラメやパールを避けて、ハッキリとした発色のものを選ぶ
・髪が顔にかからないようにまとめる

撮影のときのコツ

・撮影用の椅子に座る前に鏡でメイクや髪をチェック
・浅すぎないようにきちんと座り、背筋を伸ばして良い姿勢を取る
・スケッチブックなど持参の場合胸元でキープ、レンズのやや上に目線を合わせる
・落ち着いて練習通りの角度で撮影してもらえる様にします

免許証の写真のバックは水色ですし、レフ板効果も考えると、白~ベージュくらいの色合いの服装がおすすめです。

顎の引き具合、姿勢は、個人差もありますから、鏡を使って練習しておきましょう。

軽く口角が上がっている感じだと、表情が柔らかく見えます。

まとめ

○角度や表情は前もって練習しておく
○服装は白っぽいものにし、レフ板代わりに出来るものを持参する
○顔にかからないヘアスタイル、ハッキリとしたメイクにする

顔に影が出来るとクマが目立ったり、顔色が悪く見えたり、元気がない感じに写ってしまいます。

流れ作業でどんどん撮影していきますから、姿勢の取り方や目線の感じを練習しておくと良いですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告