胸を大きくするための自重トレーニング

笑う 健康 影響 (2)
自重トレーニングつまり胸の筋肉を大きくするためのトレーニング方法は、たった一種類のトレーニングを徹底的に行うだけで、
分厚い胸板を手に入れることができます。

わざわざジムに通わなくても、女性からも男性からも驚かれる分厚い男らしい身体を女性ならバストアップを手に入れることができます。

それが腕立て伏せです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

腕立て伏せの具体的なやり方

腕立て伏せを限界回数×3セットを週に3日行うだけで、三ヶ月で体型に変化が現れて、一年も経てば大きな効果を得ることができるのは間違いでしょう。

しかしただ闇雲に回数をこなした腕立て伏せを行うだけでは、意味がありません。

胸の筋肉のみに負荷をかけるように意識する必要があります。

そうすれば筋トレの質が上がり、胸の筋肉を大きくすることができます。

それは胸の筋肉のみで全身の体重を支えて、腕立て伏せを行うことです。

始めの内は難しいかもしれませんが、肩の筋肉や二の腕の筋肉を使わないように胸の筋肉だけで腕立て伏せを行うようにしてみてください。

練習すればできるようになるので頑張ってください。

腕立て伏せの後にはタンパク質を補給しよう

腕立て伏せをしっかりと行った後は、筋肉をより強くするための栄養素であるタンパク質を補給しましょう。

筋肉トレーニングはいくら一生懸命行っても、食事の摂取方法を間違えると筋肉は大きくなりません。

ですので、タンパク質をしっかりと摂取するようにしましょう。摂取量は体重×2グラム数です。

まとめ

以上が胸の筋肉を鍛えて、男性は男らしい胸板を女性はバストアップを作り上げるトレーニング方法でした。

これらを実現するためには胸の筋肉を刺激することと、それに伴うタンパク質の摂取が重要です。

ぜひ頑張ってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告