二日酔い予防!飲んだあとでも間に合う秘策はある?

二日酔い 予防 飲んだあと (1)_R
二日酔い予防は、したたかに飲んだあとでも間に合うのでしょうか?

飲み過ぎてしまったと後悔したあとでも、二日酔いを予防する方法があるのなら是非やっておきたいですね。

飲み会の後は帰宅も遅くなり、寝不足と二日酔いのダブルパンチだなんてこともあります。

翌日の体調を早く回復させるための秘策についてまとめていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

飲み会から帰宅後やっておきたい事

・もし吐き気があるなら吐いておく
・スポーツドリンクをコップ2杯以上飲む
・タウリン配合、ノンカフェインのドリンクを飲む
・お酒の分解に役立つ果糖(かきやグレープフルーツ)を摂る

飲んだあと、気持ち悪い場合にはスッキリ吐いてしまいましょう。

ベッドに入って横になってから吐いてしまうと、窒息の恐れもありますし、寝具を汚すのイヤですよね。

そして、アルコールを摂取した後は脱水や低血糖になりやすいので、スポーツドリンクを飲んで寝るのが二日酔い予防におすすめです。

スポーツドリンクですと、水分の他にも糖分とミネラルを補給出来、二日酔いの重症化を防いでくれます。

また、タウリンは肝臓の働きを助けて、ある刻子の分解促進に役立ちますから、そうしたドリンクを飲むのもおすすめです。

タウリンの他にも、シジミに含まれるオルニチンのサプリ、ウコンなども肝臓の働きを助けることで知られています。

二日酔い 予防 飲んだあと (2)_R

飲んだときにを避けたい事は?

・頭痛薬の服用
・違う種類のアルコールをごちゃ混ぜに飲む
・熱い風呂に入る

お酒を飲んだあと頭が痛くなるのは、肝臓がアルコールを分解するときに、毒素である汗とアルデヒドが作られるからです。

お酒を飲んで頭が痛いからと、頭痛薬を飲むと、さらに肝臓に負担をかけることになってしまいます。

違う種類のお酒をちゃんぽんに飲むことも、気分が悪くなる原因になります。

また、発汗させてスッキリすると思っている人が多いのですが、熱いお風呂やサウナは、体への負担が大きくNGです。

大量に発汗すると、脱水のキケンすらありますから、飲んで熱いお風呂はやめましょう。

まとめ

○ 気持ち悪くなったらきちんと吐いてスッキリする
○ 寝てしまう前に、スポーツドリンクで水分と糖分を補給する
○ 肝臓を助けるサプリ(オルニチン)やドリンクを飲んでおく

二日酔いを予防したい時には、帰宅してそのまま寝てしまわずに、最低限、水分を摂ることはクリアしておきたいですね。

サプリや果糖を摂っておくと、回復が早まり、二日酔いを予防できますから、〆にはスポーツドリンクやフルーツをプラスしておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告