正月ボケの解消方法!すぐにバリバリ働きたい人のために

正月ボケ 解消方法
正月中にゆっくりしてしまうと、いつものペースに戻すのに時間がかかって大変!

かといって、いつもできない夜更かし朝寝坊、おとそなど正月らしさ、長期旅行を満喫しないワケにはいきません。

職場復帰をスムーズにする正月ボケの解消方法について考えて見ましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

すぐにバリバリ働きたい人のための正月ボケ解消方法

「正月ボケモードを切り替えておく」

正月ボケの原因は、正月中の生活リズムが抜けないので、仕事に集中できないという事です。

旅行したり、いつもと食事や睡眠のサイクルが変わったりする事で、生活リズムが乱れてしまいます。

2~3日まえから夜更かし、朝寝坊をやめるのが理想ですが、せめて出勤前日は早めに寝て朝スッキリ起きられるようにしましょう。

朝シャワー、日光、朝食でめざまし

体を目覚めさせるには、朝のシャワー、日光をたっぷり浴びること、朝食をとることがポイント。

少し余裕を持って起床し、十分体を目覚めさせて職場に向かいたいですね。

始めに取りかかる仕事を決めておく

ひさしぶりの出勤では、何から手をつけるかグズグズしてしまう事がありませんか。

・お得意様への御挨拶メール
・資料Aの情報集め、資料作成
・プロジェクトの見直しとスケジュール作成

具体的に何から始めるか心づもりしておくと、“何しようかな”とぐずつく時間が無いので、一気に仕事のペースがつかめてスムーズに取り組むことができます。

仕事の流れをシミュレーションしておく

仕事が進まない正月ボケがひどい時には、仕事がどこまで進んでいたかさえ忘れていることがあります。

また、手順やファイルの場所を確認しながらでいつもの倍時間がかかるなんてことになると、うんざりしてきますね。

前日や、通勤の途中などでちょっとシミュレーションしておくだけで、スムーズに仕事が進み、正月ボケ解消方法になります。

それでもボーッとするときには?

・顔を水で洗う
・ミントのタブレットを食べる
・ストレッチする
・やりやすい仕事から始める

デスクワーク中心なら、特に何か口に入れたり、体を動かすことで気分転換を図りましょう。

まとめ

○ 生活リズムを仕事始めまでに整えておくのがベスト
○ 仕事の流れをシミュレーション、やりやすい仕事から取りかかる
○ 体を目覚めさせるには適度に気分転換を入れる

生活リズムが崩れると、日常のリズムを取り戻すのが大変ですが、正月は、リフレッシュの大事なチャンスですから思い切り楽しみたいですよね。

仕事始めのつらさを軽くするには、“11できて楽しみ”という気分が持てるかによっても変わってきます。

職場に着く前に、良いイメージの中で、その日のシミュレーションを済ませておくと正月ボケ解消方法になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告