値切り方のコツを集めました!お得な家電購入術とは?

値切り方 コツ_R
値切りかたのコツを知っていたら、ずいぶんとお得に買い物できますね。

家電の場合、数万円~数十万円の価格帯ですから、「端数切って」の一言で5千円以上も得しちゃうなんてこともあります。

値切り過多のコツを知って、お得に買い物しちゃいましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

値切り方のコツ①人出の多い時を狙う


・ボーナス時期
・土日・祝日
・年末決済や初売り、期末決済

大きなチラシが入って、お店も売り気満々の時期を狙います。

店舗への人出が多いときには活気に乗って思い切った値引きが可能になります。

薄利多売ということ場がありますが、お店が混んでいて数が売れると踏めば、お店側も利益が上がります。

まとめて品物を入れて、数をさばくという売り方は、お店にとってもうまみのある状況です。

もちろん、複数商品を狙っている場合には、「まとめ買いしたらやすくしてくれませんか?」という作戦も有効です。

値段だけでなく、プリンターにインクをつけてもらう、音楽プレーヤーと充電器を合わせて格安購入など、店員さんの売り上げ増に貢献する買い物の仕方を提示してみましょう。

値切り方のコツ②他店のチラシで勝負する

家電量販店の中には、他店のチラシを持っていくと最安値に応じてくれると宣伝しているところがあります。

店舗を構えている家電量販店では、ネットとの競合もあって厳しい時代ですが、それに対抗しつつ生き残りをかけた販売戦略を展開しています。

利益率の良い商品も同時に扱うことで、目玉商品で驚異の値引き率を実現させたりしています。

狙った消費の価格の動向や、スペックをネットでくまなく調べて、あえてモデルチェンジ直前の品を激安購入するというのも値切り方とコツと言えるでしょう。

また、大型量販店ではメーカーから出向している店員もいますから、お目当ての機種のメーカーのネームプレートをつけている人に交渉してみましょう。

まとめ

値切り方のコツをまとめると・・・

○人出が多い時に量販店店頭での購入を狙う
○まとめ買いで、店員の営業成績アップに貢献
○近隣の競合店のチラシや価格を元に交渉する
○メーカー出向社員に直接交渉で破格の値引きを引き出す
○「端数切って」、「おまけして」でお得を味わう

ネット通販の安値に対抗して、店舗を持った家電量販店もかなり頑張っています。

狙っている商品について価格、スペックなどをしっかり勉強して、値切り方を研究してお得な買い物を成功させたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告