情報収集の方法は?時間を上手く使って仕事に役立てる!

情報収集 方法 仕事 (1)_R
情報収集はビジネスパーソンにとって重要な仕事ですね。

最近では、新聞でえられるニュースだけでは不足していて、ほとんどの方がスマホを使ってトレンド情報をチェックしています。

ただ、検索している間にどんな情報を集めているか目標を見失ってダラダラしてしまったり、調べ方が効率的で無いために無駄な時間を過ごしたり・・・という経験はありませんか?

効率よく、目的に合った情報収集ができる方法をまとめていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

トレンド情報ならツールのアラートを使う

グーグルやツイッター、フェイスブックでは、タイムラインで最新の情報が流れてきます。

中には、ニュースサイトよりも早く情報収集出来ることがあります。

注目の分野のアカウントをチェックして、フォローしておけば、更新されると知らせてくれます。

業界人やメディアをSNSでフォローしておくのは、第一情報を自動で得られるので仕事にも役立つ方法です。

クライアントのアカウントは是非フォローしましょう。

検索だけで必要な分野の新しい情報を入手するよりも、更新されるたびにトピックを確認しておけば、勝手に流れてきてくれるので効率的に情報をゲット出来ます。

情報収集 方法 仕事 (2)_R

Googleアラートや、Gunosyの使い勝手は?

Googleアラート

知りたいキーワードを登録する事で、関連情報を知らせてくれる機能が便利です。

メールなどのツールで知らせてくれるので一から検索で掘り出して行くよりも、新しい情報がいち早くチェックできるのです。

Gunosy

スマホニュースアプリで使っているひとが多いですね。
3分で読めるキュレーション記事、サクッと興味のあるトレンドがつかめます。

スマートニュース

世界の今がわかるとキャッチコピーがついているスマートニュース。
ニュースの届く時間を指定できるので、まとめてチェックしたいときにも便利です。

まとめ

○ 情報収集にツールを活用してみよう
○ タイムラインやアラートを気になるワードやアカウントでフォローしよう
○ 一日の始まりと終わりには、情報収集ツールチェックの習慣をつけよう

ニュースのチェック方法もスマホが当たり前になりましたね。

手軽に移動中のスキマ時間にも見る事が出来ますし、SNSのフォローで第一情報をつかむ事が出来るので、注目している業界人のアカウントをチェックしておくことが重要です。

どんなアカウントをフォローするのかや、登録キーワードによって情報の質が左右されますね。

上手くこうした方法を活用して、仕事に生きる情報収集を手間無くしたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告