デスクでの姿勢を変えるだけでダイエット!その秘密は

デスク 姿勢 ダイエット
デスクワークが多いと、運動量も少なくなりがちです。

「太りやすいのはわかっているけど、ダイエットしたいのにする暇も無い・・・」

こんな時には、”姿勢をキープするだけダイエット”を実行してみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

デスクでの姿勢を利用してダイエットする方法とは?

正しい姿勢のチェックポイント

・椅子に深く腰掛けて背筋をのばす
・肩甲骨を寄せるようにして肩が内側に入らないようにする
・膝を揃えて座る
・軽く顎をひき、うなじが伸びるような感じにする

肩甲骨周りを鍛えて褐色脂肪細胞を活性化!

肩甲骨周りに多い、褐色脂肪細胞が活性化されると脂肪燃焼に役立ちます。

姿勢を正して、背筋を伸ばすクセが付いていると、この褐色脂肪細胞が刺激されて働きやすくなり消費カロリーを増やす事が出来るのです。

必須脂肪酸のDHAやEPAといった必須脂肪酸を適度にとって、背筋を伸ばす習慣を実行するだけで、ダイエット効果が期待出来ます。

内臓への負担が軽くなって代謝アップ!

良い姿勢を取ると、内臓への圧迫が軽くなって呼吸がスムーズになります。

内臓の働きを妨げずに、活発に働いてくれるようになれば、基礎代謝が上がってカロリーが消費されやすくなります。

正しい姿勢を意識するだけで、デスクについて仕事をしている時の消費カロリーを上げる事が出来るのですから、良い姿勢になっているかチェックしておきたいですね。

あわせて取り入れたい!座ったままエクササイズ

座ったままかかとを上下させる

背筋を伸ばして椅子に座ったまま、膝を揃えて90°になるように、かかとをあげ、つま先だけが床に接している体勢を取ります。

そのまま、かかとを下ろす、上げるを繰り返します。

下半身の血流が良くなって体のこわばりが取れて、代謝が上がります。

椅子に座って下腹引き締め!

椅子に座ったまま、両足を浮かせて腹筋が硬くなる事を意識します。

休憩中であれば、前に足を投げ出すように座り、足を交互に上下させると腹筋に効いて、下腹の引き締め効果がでます。

まとめ

○背筋を伸ばして姿勢良く座ると、普段使っていなかった筋力が使われることと、褐色脂肪細胞が刺激され、代謝がアップするので、ダイエットに役立つ。

デスクワークが多く、太りやすいと気になっているなら、背筋を伸ばしてキレイな姿勢を保つ事で、こっそりダイエット効果を狙ってみたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告