嘘をつく人の特徴と心理について

524dcd096e99bee70374999681cd00b6_m-min
世の中には平気で嘘をつく人がいるものです。

嘘をつかれていい気のする人はいないと思いますが、嘘をつく人の特徴を知っていれば、騙されて嫌な思いをせずに済むかもしれません。

また、嘘をつく人に共通する心理についてもご説明します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

嘘をつく人の特徴

嘘をつく人の特徴として、いくつか共通した仕草がありますので、ご紹介します。

視線が定まらず、手が泳ぐ

嘘をついている時はそわそわとして落ち着きがなくなります。

そのため、視線があちこちに移動して、手の位置もコロコロ変わり、髪や顔を触ることが増えます。

特に、鼻を触る時は何か隠し事をしていることが多いそうです。

返事の調子が軽く早口になる

相手の言ったことに対する返事が軽いうえに早く、早口で話すときにも、嘘を疑ったほうがいいでしょう。

話しを早く終わらせて、ボロを出さないように、という心理も働くようです。

聞かれた質問を繰り返す

嘘をついているときは、話のつじつまを注意して合わせなければなりません。

そのため、質問されたことを繰り返し聞き返すことで、とりあえず時間稼ぎをするのです。

別のことをしながら話す

嘘をついているときは、わざと他の作業をしながら話すことが多いようです。

こうすることで、視線をしっかり合わせる必要がなくなり、後ろめたい気持ちをごまかすことができるためです。

視線が右上を向いていることが多い

右利きの場合、左脳で嘘を考えるので、自然に視線が右上を向くことが多くなります。

話が行き詰まった時に視線が右上を向いていれば、必死で嘘を考えているのかもしれません。

嘘をつく人の心理

嘘をつく人の心理として次のようなものがあると考えられます。

・自己顕示欲が強い人が多い。

・常に他人に認めて欲しいという思いがあり、誰かに気にして欲しいと思っている。

・相手より優位に立ちたいだけでなく、相手から良く思われたい

・本当の意味で自分に自信が持てず、傷つきたくない

このような人はそこそこの優等生であることが多く、小さい頃から頑張り屋のいい子であり、周囲からもそうであることを期待されて育っています。

しかし、根本的なところで自分に自信を持つことができないため、ありのままの自分でいる事に耐えられず、嘘をつくのです。

常に嘘をつく人はだんだん嘘をついているという感覚が麻痺して、しだいに嘘をついているという自覚もなくなります。

嘘をつき続ければ周囲からの信頼もなくし、結局いいことは一つもないので、ある意味気の毒なようですが、だからと言ってその嘘に巻き込まれる必要もありません。

嘘をつく人の特徴をつかんで、接し方には気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告