ムダ毛処理に欠かせないカミソリの注意

4e3951b4ced30d2a195ca2fa9071806e_m-min
電気シェーバーや除毛シート、サロンでの脱毛やカミソリなど、ムダ毛の脱毛処理にはたくさんの方法があります。

中でも最も多数派なのは、カミソリでの脱毛だと思います。電源不要、コンビニで安く買えるし、気が付いた時にサッと処理できるカミソリは、便利で簡単で時間もかかりません。

T字カミソリは刃の面も広く、カミソリ負け防止の安全ガードが付いていて、気軽に使い捨てできるので、人生で初めてお世話になるカミソリかもしれません。仕上がり具合の向上や肌へのストレス軽減を求めるようになって、スムーザーや替え刃が付いてグリップもしっかりとしたカミソリに切り替えたという人も多いでしょう。

脱毛処理には欠かせないこれらのカミソリですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

スムーザーの残量に注意

カミソリの刃の周りに、スムーザーと呼ばれる石鹸のようなものが付いているカミソリもあります。

スムーザーが水で溶けることで、カミソリの刃が当たる前にその成分が肌に付き、滑りを良くしてくれるのです。肌への摩擦も軽減されるのでカミソリはスムーザー付きがおすすめです。

ただしお風呂に付けたり、シャワーの強い水圧を当てたりすることでホポロっと取れてしまうことがあります。カミソリの刃は少し濡らす程度にするか、濡れた肌に使うようにする注意が必要です。

刃のサビに注意

カミソリをお風呂に保管している人も多いのではないでしょうか。

湿気の高い場所に置いておくと、刃はサビてしまいます。サビた刃は、剃りが悪くなるだけでなく肌を傷つけたり、そこから炎症が起きたりするのでとても危険です。

カミソリは風通しの良い場所で保管しましょう。

刃の替え時に注意

剃りが悪くなったカミソリは、必要以上に力を入れてしまったり、何度も繰り返し肌を擦ることで肌を傷つけてしまうことがあります。

剃れなくなってきたなと思ったら、すぐに交換することをおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告