イライラする人の心理がわかれば腹が立たない!大人の対応とは?

イライラする人 心理 (1)_R
気持ちをぶつけ合うことは悪い事ではありませんが、言い争いになるのは後味が悪いですね。

イライラする人の気持ちがわかれば大人の対応が出来るのではないでしょうか?

相手の気持ちを想像出来ると、すぐにイライラする人へのストレスを減らすことが出来ます。

イライラする人の気持ちを考えてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

イライラする人は欲求が満たされていない

人は、“愛されたい”、“認められたい”、“理解されたい”という心理が働いています。

この気持ちが満たされないと、上手くいかないと感じていらだちを感じるのです。

イライラして言葉がとがっている人は、思いが満たされずに苦しんでいるのではないでしょうか。

理想や欲求のレベルが高いと、満たされない思いも大きくなります。

あるがままの自分を客観的に評価出来る人は、欲求が満たされない理由を冷静に理解して、進むべき方向を見極めます。

イライラする人は、どこかで“こんなハズじゃない”という焦る心理状態にあるのです。

イライラする人は不安を感じている

イライラや怒りは、不安の裏返しだとも言えます。

自分の思い通りに行かない心理状況は、自分の責任である事を突きつけられることを恐れます。

プロジェクトが進まないことは、無能な同僚のせいにしたいですし、自分はやるべきことをやっていると強くアピールすることは、不安の裏返しの心理が想像されます。

イライラする人への対処方法を考えて見ましょう。

① イライラしている人のつらさ(心理)を想像する
② 相手を責める発言は控え事実のみを洗い出す
③ 刺激する言葉や行動は避け、気持ちに寄り添う

イライラする人に腹を立てて、“あなたのやり方が悪い”という言い方をするとカドが立ちますし、聞く耳を持ってもらえません。

気持ちが落ち着くのをまって、“わたしはこうした結果が悲しい”あるいは、“わたしは○○が嬉しい”と伝えてみましょう。

主語を“わたし”にして伝えると受け入れてもらいやすくなります。

イライラする人 心理 (2)_R

まとめ

 
○ イライラする人の気持ちを想像する余裕を持つ
○ そっとしておく、距離を置いて見えてくることも多い
○ 余裕のない人ほどイライラする、小さなことは気にしない

自分とタイプの違う人と一緒に過ごす時間が長いと気疲れしますね。

それは、相手も同じことです。

イライラする人と付き合っていくには、相手の気持ちを想像し、理解出来ない部分は割り切ることです。

冷静に気持ちを切り替えることが出来れば、イライラする人に振り回されることもなくなりますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告