タクシーチケットの仕組みと使い方

d48107dcf92f06ebfc5be6078ee512e2_m-min
企業の福利厚生として通勤手当があるのは当たり前の様になってきています。

通勤圏内とはいえ、2~3時間かけて出勤する社員の方も多いとか。

定期の購入補助やタクシーチケットの配布なども、企業によってはあるようです。

企業が色々な面で使っているタクシーチケットの仕組みと使い方について調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

タクシーチケットの仕組みって?

タクシーチケットは、タクシーを利用した際に現金の代わりに料金の支払いに使うチケットのことを言います。

現金の代わりですから料金の支払いは、チケットを発行した企業や団体に請求がいく仕組みです。

このタクシーチケットを、一個人で購入したり使用したりすることは余りありません。

タクシーチケットは、タクシー会社の他にタクシー協会やクレジット会社でも発行しています。

クレジット会社から発行されるタクシーチケットには、分割にかかる手数料が含まれていることがほとんどです。

発行先での違いはあるものの、タクシーチケットは20~30枚つづりになっています。

チケットの大きさも名刺サイズの物から、文庫本サイズのものまで大きさは様々です。

タクシーチケットは有価証券と同じ扱いなので、不正に入手したり偽造や複製したチケットを利用したりすると罰則を受けることになります。

タクシーチケットは、企業や団体が社員に振り分けた小切手のようなものといえます。

タクシーチケットはチケットを発行した企業や団体との信用関係で成り立っています。

正しい使い方でタクシーチケットを利用しましょう。

タクシーチケットの使い方

タクシーチケットは現金を持たずに利用できるので大変便利です。

接待や急な催しの際の大人数の移動など、タクシーチケットがあれば現金精算よりもスムーズにやり取りできます。

タクシーチケットは乗車料金や乗車区間、利用者名を記入するなど一連の義務があります。

無記名での利用は、トラブルの元になるので注意が必要です。

企業や団体によっては、福利厚生として通勤手当にタクシーチケットを使うところも増えています。

公共交通機関のストや急な時間変更、早朝や深夜に伴う交通手段の補助として支給される場合もあります。

またタクシークーポンとタクシーチケットを、混同して利用しないように注意しましょう。

タクシークーポンの仕組みは、購入する際に○○円分として購入でき、現金の代わりに支払うことが出来ます。

タクシークーポンの購入は、タクシー会社はもちろんチケットショップでも手に入れることができます。

まとめ

長距離でのタクシー利用は、料金精算に不安を覚えます。

ですがこのタクシーチケットを正しく使えば、急な出張や接待でも慌てることはありません。

お互いの信頼の元、発行されているタクシーチケット。

正しい使い方で、トラブルを避けましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告