仕事ができる人の口癖を真似てポジティブ思考を手に入れよう!

仕事できる人 口癖
口癖には、気持ちの底にある思いが表れるものです。

心のエネルギーが落ち込んでいたり、自信を失っているときと言うのは、ため息ばかりついたり、「どうせ~だから」という発言が多くなります。

仕事が出来る人の口癖は、自信にあふれ、人の気持ちをポジティブにする力を持っています。

仕事が出来る人の口癖とそこに隠されたパワーをまとめて見ましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

仕事が出来る人は『すごいですね』を使う

仕事が出来る人は、相手に不快な思いをさせない気配りが出来るだけでなく、自然に相手から刺激を受け取る事が出来る人です。

話をするときにちょっと自慢したいことに相手が『すごいですね』と感心しながら聞いてくれたら、先を続けたくなります。

思いがけず情報を引き出せるかもしれませんし、相手が気持ち良く会話できたと好印象を持ってくれる事が増えるでしょう。

仕事が出来る人は、ツボを心得て『すごいですね』を使っています。

仕事が出来る人は『ありがとうございます』を使う

相手に感謝の気持ちを表すと、敵を作るリスクを回避出来ます。

Aさんのアシストで仕事が上手くいったとします。

このとき、すべてを自分の手柄にしていると、妬みが生まれて足を引っ張られることがあります。

ありがとう』と言われたら、Aさんも自分のした事が認められたと協力のしがいがあったと感じてくれるはずです。

仕事が出来る人は無意識に感謝の言葉を良く使っています。

仕事できる人 口癖

仕事が出来る人は『~しようか』を使う

仕事が出来る人は、自分から情報を発信する人です。

常にポジティブに、新しいことにチャレンジしたいと、心の中にエネルギーがあふれているのです。

人を動かすバイタリティと、行動力にあふれている人は『~しなさい』と言わずに、『~しようか』という言い方でも魅力的に映り、人の気持ちをつかむ力を持っているのです。

まとめ

○『すごいですね』を自然に使える素直さが、仕事が出来る人を作る
○『ありがとう』で、感謝を自然に伝えて味方を増やすのが仕事が出来る人
○『~しょうか』は先入観を捨てて、相手の気持ちを前向きにさせる

仕事が上手く行かない人は、コレとは真逆の口癖を持っています。

『たいしたことない』『それくらい当然』『どうせ~なんだから』『~しなさい』などは、仕事運を下げてしまうNGワードです。

『すごいですね』『ありがとう』『~しようか』が自然に使える社会人になりたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告