結果を出す人の共通点とは?

結果を出す人の共通点
結果を出す人の共通点をまとめて見たら、本質を見抜く力がずば抜けている事がわかりました。

目的がハッキリしているから、決断が早く、ぶれません。

その能力は、どのようにして身についたモノなのなのか、掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

結果を出す人の共通点とその原点をさぐる

・最小限の情報で的確に目標設定出来る
・空気を気にせずこだわりを通す
・時間の管理能力に長けている
・プライドを持っているが謙虚である
・柔軟性があり発想が自由である

LINEのCEOを退任した森川亮さんは、『これがベストと確信する方法でゴールを狙う人』と表現しています。

上司の指示に従うというよりは、物事の本質を空気を読むと言うこともせずに突き進んでいくというイメージですね。

物作りや新しい事業を育て上げていくシーンでは、本質を見抜く力が優れている人が時代のスピードに乗ることに成功しています。

組織の中での摩擦を経験している人も多いでしょう。

しかし、進むべき方向を示すリーダーとして、物事の本質を見抜いて時代の波を読む能力が優れている事や、人にない技術やアイディアを持っている人が求められている時代になっているのです。

結果を出す人になるための習慣とは?

・人が気付かないことに目を向けて発想を広げる
・何でも楽しんで経験値に取り込んでいる
・時間を柔軟にコントロールしている
・アイディアや仕事の進行を系統ごとに整理している
・絶対の自信を持てるだけの知識や情報を常に吸収しようとしている

『結果を出したい』という気持ちだけ焦っているだけでは結果を出す人になれません。

結果を出す人の共通点を見直して、日常に取り入れられる習慣を真似していきたいですね。

目標に向かって、目の前の事を楽しんで取り組めるように、習慣を変えていきましょう。

ぶれない目標設定が、結果を出す人の共通点を身につけるのに役立ちます。

まとめ

○結果を出す人の共通点は、空気を気にせずこだわりを通すこと
○結果を出す人の共通点は、本質を見抜く力がすぐれていること
○結果を出す人の共通点から、良い習慣を学ぼう

気遣いが出来る人は、プロジェクトの潤滑油になる事は出来ますが、それだけではリーダーにはなれません。

結果を出す人には、本質を見極めて方向性を見抜く力が備わっています。

結果を出す人になりたいと思ったら、信念を持ってプロジェクトがすすめられる事が求められるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告