人間関係の断捨離を効果的にするための方法

断捨離 効果 人間関係 (1)_R
断捨離の効果は、物質的なスッキリをもたらすだけではなく、人間関係のストレスまで少なくしてくれます。

断捨離を成功させるというのは、モノへの執着を手放して、精神的にラクになると言うこともでもあるのですね。

断捨離の効果が人間関係にもプラスに働いたというお話をまとめていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

断捨離でこだわりを手放す訓練が出来る?

断捨離の整理術を体験すると、今まで自分がためてきた持ち物を『いる』、『いらない』、『将来必要かも』、『思い出』といった分類で仕分けします。

『いる』は、現在の自分の日常に必要なモノと割り切ると意外に少ない事に驚いたという人が多いですね。

『将来必要かも』や『思いで』という分類には、もったいないとか、とりあえずキープとかいうものも含まれているので、1ヶ月ほどして見返すと更にタイトに出来ます。

ここで“処分しても良いかな”と思える気持ちの変化に注目です。

1ヶ月前の自分に取っては、まだ手元に置きたいと思っていた品物でも、『将来必要かも』、『思い出』というところに仕分けて見直すだけで、”処分しても良いかな”と思えるようになるのです。

断捨離 効果 人間関係 (2)_R

断捨離が人間関係にプラスに働いた体験談は多い

断捨離を成功させると、自分の管理できるモノの量が見えてきますし、今の自分に取って『いる』、『いらない』をきちんと決断して行く習慣が心地よいと感じられる効果が出ています。

人間関係でも、誰にでも気に入られようとか、嫌われたくないという生き方は、疲れてしまいます。

人付き合いの考えも人それぞれですし、いつも誰かに気に入られようと過ごすよりも、自分がどんな人付き合いをしたいのかを基準に、おつきあいの深さや頻度を自分でコントロールして行くことが、ストレスをためないコツです。

断捨離で、自分の判断で選び取ってスッキリさせるという心地よさを味わうと、人間観のバランス感覚も冴えてくる効果があるのです。

まとめ

○断捨離はモノの整理だけでなく人間関係や生き方にもプラスになる
○作業の中で選び取る決断力、気持ちに折り合いをつけることができる
○何かを手放す決意が出来ると価値観に自信が持てる

断捨離の効果は、ただ整理整頓ができて快適な空間を手に入れられると言うだけでなく、過去の自分に向き合う良い機会になります。

何でもとりあえずキープという姿勢から、必要なモノを選び取っていく、過去と現在の価値観の変化に気付くと行った気持ちの変化を自覚出来るので、人間関係までもスッキリさせることが出来るのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告