ルーチン化のメリット、ビジネスでも注目の実力とは?

ルーチン化 メリット

ルーチン化』という言葉が、スポーツの場だけでなく、ビジネスの場でも聞かれるようになりました。

ルーチンは、決められた一連の動作を指す言葉で、イチロー選手がバッターボックスに立つときのお決まりのポーズが思い出されます。

今回は、ルーチン化のメリットについてまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ルーチン化するメリットとは

・同じことを繰り返すことでいつもの通り出来るという気持ちが整う
・習慣化された行動は無駄なく効率化出来る

アスリートやパフォーマーにとっては、同じ行動を毎回繰り返すことで、精神状態をいつもの気持ちに安定させることが出来ます。

イチロー選手のバッターボックスに入る時の動作は、まさにコレに当てはまります。

プレッシャーのかかる場面で、いつもと同じ足からバッターボックスに入り、同じ動作を同じスピードでこなして投手と対峙することで、平常心を保ち、ベストパフォーマンスを生み出しているのです。

また、ルーチン化は、このような精神的な面に及ぼすメリットだけではなく、習慣化する事でパフォーマンスの精度を上げる事や、誰がやっても同じ結果をだせる仕組み作りに役立てられています。

ビジネスの場でのメリット

ビジネスの場面では、仕事の順序ややり方を、毎日、決まった方法で行うことが出来れば、チェックシートなどで簡単にミスを防ぐことができ効率がアップします。

経験や個人の力量という言い方で、何年も掛けて育成しなければいけなければいけなかった仕事も、ルーチン化に成功すれば、短期間でこなすことが出来るのです。

ルーチン化する事で、誰でも何をすれば良いのか、パターンとして理解出来る仕組みを作ることが出来る、短い育成期間でも高いパフォーマンスが得られます。

仕事の内容によっては、ルーチン化が難しいケースもありますが、多くの場合、不定期に現れる複数の作業を並行して行うよりも、毎日同じように習慣化された作業内容を行う方が効率は良いのです。

どんなやり方で行ってきた仕事なのか、ルーチンの骨子となる部分をまとめ上げる作業が重要になってきます。

まとめ

○ルーチン化は、スポーツ選手のパフォーマンスを上げる意味合いだけでなく、ビジネス用語としても注目されている
○ビジネスにルーチン化を取り入れるなら、分野・職種にあった分析と情報収集がポイントになる

マニュアル化と似ている感じがしますが、ルーチン化というと、有益な行動を継続し、習慣化するという良いイメージが大きいですね。

仕事のノウハウをルーチン化で共有し、パフォーマンスを上げられたら、メリットは大きいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告