スーツケースは大きいほど良いの?日数とサイズの目安まとめ

スーツケース 日数 目安
スーツケースの大きさをどれくらいにしたら良いか、日数による目安をまとめてみました。

日数による目安を知った上で、機内持ち込みや、お土産の量、体格を合わせて考えると失敗が少ないですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

基本的な目安とは?

・1~3泊:48㎝サイズ(39l前後:キャビンサイズ)
・3~5泊:57㎝サイズ(40l~59l:ハードケースS相当)
・5~8泊:66㎝サイズ(60l~79l:ハードケースM相当)
・8泊以上~:71㎝サイズ(80l以上:ハードケースL相当以上)

ただし、個人旅行で移動手段が公共交通機関を利用する場合には、ハードケースS程度までにまとめると移動が楽です。



Mサイズはある程度の荷物の量に対応出来て使いやすいサイズとも言えますが、小柄な人の場合は、持ち運びがやや大変になります。

高さ66㎝のスーツケース以上になると、平均的な女性の身長である158㎝の方の股下程度の大きさ。

移動が多い場合には、段差で持ち上げるときなど不便を感じるかもしれませんね。

機内持ち込みの規格

国内線の機内持ち込み適合サイズは…

○100席以上の機種
縦+横+厚みの合計が115㎝以内で、重さは10㎏以内とされています。

○100席未満の機種
縦+横+厚みの合計が110㎝以内で、重さは10㎏以内とされています。

若干違う航空会社もありますから、利用する航空会社の規定を確かめておきましょう。

ハードケースSまでのサイズなら機内持ち込みに対応出来るものも多いですが、メーカーや型によっては120㎝になってしまうものもありますから、確かめた方が良いでしょう。

機内持ち込み希望で、旅行日数3泊以内ならキャビンサイズに納めるようにすると安心ですね。

Sサイズ以下で対応するか、Mサイズにするかで迷う場合も、
*機内持ち込みにしたいか?
*体格的に移動が大変ではないか?

というところがポイントになりますね。

スーツケース 日数 目安2

機内持ち込みのメリット

・壊れ物への対応に配慮できる
・荷物の受け渡しに時間を取られることがない

アウターなどかさばるものが多い季節ですと、Sサイズ以下のスーツケースは物足りなく感じるかもしれません。

けれども、壊れ物や貴重品が心配という場合や、荷物の受け渡しに時間をとられたくないという場合には、Sサイズ以下にまとめて機内持ち込みがオススメです。

最低限のアイテムに持ち物を厳選する、ジッパー付きの袋に空気を抜いてきっちり詰めるなど、容量ダウン出来るなら、荷物は少ないに越したことはありません。

まとめ

○日数にかかわらず、Sサイズ以下にまとめられるなら移動がラク
○5泊以上ならMサイズがオススメ

荷物をひとまとめにするため、大きなサイズを選びたくなりますが、ツアーのように荷物を預けられない場合、移動に便利なサイズを選びましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告