シロイルカの生態と子供が黒い理由


可愛らしい海の人気者で、その声から海のカナリアという美しい異名をもつシロイルカ。

その姿は名前の通り、真っ白です。

その神秘的な姿からファンになる方も数多くいらっしゃいますが、実はシロイルカは子供のころは、全く違う色をしていたんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

そもそもなぜ白いのか

シロイルカの生息する海は、氷の浮かぶ寒い北極・亜北極(北極に近いところ)です。

イルカは息継ぎをしなけれないけませんから、何分かに一回くらいは水上に顔を出さなくてはいけません。

水上に出てきた時に氷と同化して敵に見つかりにくくするために、シロイルカの体は白い色をしているとされています。ちなみに天敵はホッキョクグマ、シャチなどです。

子供の姿

北極の周りに住むシロイルカですが、子供を産む夏場には比較的浅い場所、川の近くにまでやってきます。

川を何百kmも遡る個体群もいますが、湾内や河口で過ごす個体群が多いようです。

そんな浅い所では砂利が見えていて、白い体では目立ってしまいます。大人の個体ならまだしも、子供は狙われたらひとたまりもありません。ですから生まれたころは目立ちにくい、黒に近い灰色をしています。

黒から白へ

シロイルカは成長しながら脱皮を繰り返し、明るい灰色、青っぽい白色へと変化して行き、10年ほどかけて真っ白になります。

このころにはもう成熟しており、白くても安全というわけです。

こうして自然界にうまく適応しながら、自分たちの種を存続させようとしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告