窓拭きをきれい簡単に行うコツ

79fdb78910a6825d6fbf7b52cb8f680f_m-min
窓を掃除する際、どのような方法で掃除していますか。

窓掃除というと昔では新聞紙のインクが窓をツヤツヤにしてくれるという話ですが、新聞紙を実際使って窓を掃除するととても面倒なのです。

確かに家庭にあるもので、簡単に捨てることができ、何枚もあるので経済的ではあるのですが大量の窓を拭き掃除する際とても時間がかかります。

だけどわざわざ窓拭き用洗剤や窓拭き道具を買ってきてまでとなると、事前に用意してあればよいのですが、ない場合家庭にある洗剤を使うことで、簡単にきれいにできるのを知っていましたか。

実はその家庭にある窓拭きに効果的な洗剤というのは、台所で使う食器用洗剤でよいのです。

使い方は簡単で、バケツに水を入れたものに食器用洗剤を数滴たらしたもので拭くだけです。

洗剤の入った水は直接窓にはかけずに、タオルを濡らして拭くようにしましょう。

簡単に汚れが落ちていきます。

汚れを落とした後は、水拭きをして、その後乾いたタオルで拭くとまるでガラスがないかのようにきれいに汚れが落ちるのです。

タオルは使い古していらなくなったもので大丈夫です。

そして窓拭きは曇りの日に行うほうが良いのです。

晴れた日のほうがきれいになりそうと思われがちですが、あまり天気がよいと拭いたところからすぐ乾燥してしまい洗剤が残ってしまったりして拭いた跡が残ってしまうことが多いのです。

窓がきれいになると、家の中も明るくなります。

特別に用意しなくても家にあるもので十分にきれいに汚れが落ちますので試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告