笑うと健康に!笑いが免疫に影響を与えるのはなぜ?

笑う 健康 影響 (1)
笑うと気持ちが前向きになって健康になれそう…そんなイメージがありますが、医学的にも根拠がある事だとわかってきました。

笑うと健康になれるといいますが、笑うと免疫アップするなど健康によい影響があるのはなぜかまとめて見ましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

笑うとNK細胞に好影響を与えることが出来る

人の免疫は、リンパ球の一つ『ナチュラルキラー(NK)細胞』の活躍によって活性化します。

がん治療でも注目のNK細胞ですが、体に取って悪い細胞やウィルスなどを排除する働きがあります。

がん細胞は、遺伝子情報のミスで増殖してしまう異常な細胞と言えます。

こうした異常な細胞は、健康な若い人にも存在するのですが、NK細胞が活性化している場合には一定以上増殖しないように対抗することができているので、がんとして発現せずに済んでいると考えられています。

笑うと、NK細胞を活性化する神経ペプチドが発生して、免疫をパワーアップさせてくれるのです。

お笑いやコメディなどを見て笑ったあとに、NK細胞が、より活性化するかを確かめる実験を行ったところ、“確かにお笑いは免疫力に影響を与える”という結論が出ました。

免疫が活性化されすぎると、リウマチや膠原病などの自己免疫疾患と呼ばれる病気が心配です。

しかし、笑うことは、こうした免疫システムのバランスをとるのにも役だち、適度に体に悪影響を与えるものに対して免疫がスムーズに働かせる効果を持っているのです。

笑う 健康 影響 (2)

笑うと体にどんな影響があるのか?

・NK細胞の活性化
・血流を活発にする
・脳の働きが良くなる
・自律神経のバランスを整える
・カロリー消費・筋力アップ
・エンドルフィン(しあわせホルモン)が放出

笑うと健康に影響があるという根拠が、医学的にも証明されていることがよくわかります。

人の体は、若くて健康な場合でも1日に3000個以上のがん細胞が生まれますし、体を健康に保つためにいろいろな機能がバランスをとっているのです。

悲しみやストレスが大きくなると、このバランスが崩され、免疫機能ばかりか、自律神経の乱れや血行障害など、体調を崩す要素が優勢になってきます。

健康に好影響を与えて、気持ちを前向きにしてくれるので、生活の中に笑うことは欠かせません。

まとめ

○ 笑う事は、NK細胞を活性化させて免疫力をあげてくれる
○ 血行を良くし脳の働きを活発にしてくれる事が健康につながる
○ 笑うと自律神経のバランスを整えやすくなる

“病は気から”とは昔からある言葉ですが、笑う事が健康に好影響を与えるという事が、現代医学でも証明されています。

むしろ、薬で簡単に改善出来ない病気にこそ、笑う事がクスリとして効果を発揮するといって良いほどです。

笑って健康にイキイキと毎日を過ごしたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告