レシートで爪磨き!ほかにもある意外な活用法3選

レシート 爪磨き (1)_R
レシートで爪磨きするとぴかぴかになるって聞いた事ありませんか?

確かに、レシートの印字されているテカテカしている側で爪を磨くと、なかなか良い仕上がりです。

爪磨きセット無しでもキレイになります。

コレは、レシートの素材、感熱紙の表面が細かい凹凸があることとが、目の細かいやすりのように、爪磨きにぴったりの性質を持っているからです。

爪がこんなにぴかぴかになるのだから、ほかのものにも、役立ちそうですね。
レシートの活用をご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シルバー磨きとしても優秀

シルバーのアクセサリーは、使っているうちに黒ずんだり、曇ったりしてきがちです。

爪磨きにも力を発揮する、感熱紙タイプのレシートでみがくと、曇りがとれて輝きが出ます。

使い込んだアクセサリーでも、ピカッと光っていると気持ちが良いですよね。

レシートは、お財布の中に入っていることが多いので、気付いたときにさっとみがけます。

外出先で曇りに気付いた時に役立ちます。

USBコネクタをみがいて接触不良対策

USBコネクタは、スマホの充電などで良く使いますね。

使っているうちに充電が上手くいかない、接触不良かも・・・なんて言うことが時々あります。

そんなとき、よく見ると、新品の時にツルッと光っていた金属部分が、曇っています。

傷をつけないでちょっとみがくことが出来たら、接触が蘇るかもしれませんね。

爪磨きでも力を発揮したレシートの出番です。

汚れが落ちて伝導率が上がれば、なんとなく不調といった不満が解消します。

スマホのガラス面みがきに使ってぴかぴかに

レシートの表面に小さな凹凸があるので、汚れ落としに役立ちます。

油膜が出来たときに、レシートの印字面でこすると、キレイにする事が出来ます。

指紋や、メイクがついてしまってディスプレイのガラス面が曇っているときに試してみましょう。

眼鏡やサングラスもキレイにする事が出来ます。

ただし、プラスチックレンズや特殊なコートが掛かっている場合には、端の方で傷がつかないか試してから、全体を拭き上げてみましょう。

レシート 爪磨き (2)_R

まとめ

○ レシートは、みがいて仕上げる汚れ落としに使える
○ 表面に細かい凹凸があってやすりのような効果がある
○ 表面の薬剤が油膜とり効果を発揮する

特に準備しなくても手元にある事が多いレシート。

感熱紙の性質を生かして、爪磨き、汚れ落とし、油膜とりに役立ちます。

スマホの画面や眼鏡の油膜は、曇りになって、普通のハンカチでは落としきれずに跡になりがちですから、レシートを試してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告