仕草で心理を探る! 髪を触るときの女心とは?

仕草 心理 髪 (1)_R
「女性の本心がわからない!」そんな悩みを持つ男性も多いのはないでしょうか?

仕草には心理状態が現れていますから、それを手がかりにさりげなく女性の気持ちを大切にしてくれる男性はステキですね。

では、女性にありがちな髪を触る仕草からどんな心理状態なのか予想していきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

髪をいじる仕草で退屈、興味無しを表しているとき

・視線を合わせないで髪をいじっている
・返事が適当
・話を聞きながら枝毛を探している
・髪をかき上げた後、視線をそらす

髪をいじることがストレスを逃す手段になっている場合、視線を合わせない、返事が適当で短いなど、他のリアクションが冷たい印象を与えるモノになっています。

相手に興味がない、言われていることに実は反発している、相手を受け入れたくないという心理が働いているのです。

髪をかき上げる仕草をセクシーだとする説もありますが、そのときの目線や表情がポイントです。

何かを責められたあと、髪をかき上げて視線をそらす・・・こんな仕草は、「何言っているの?わたしには関係ないわ」と無意識にアピールしているのです。

仕草 心理 髪 (2)_R

髪をいじる仕草が好意のアピールになっている時

・恥じらいを感じさせるチラ見の視線
・パーソナルスペースに入って来る
・うわ目づかいで見る感じになっている
・自分で頭をなでるような仕草

男性の前で照れている、恥ずかしいというドキドキした気持ちになっている時に、髪を触る女性は多いモノです。

そんなときには、視線がうわ目づかいになっていたり、恥ずかしそうにちらちら見てきたりする感じになっています。

アピールしたいという気持ちが高まっているときには、距離を詰めてきたり、自分の頭をなでる仕草が増えたりします。

甘えたい気持ちになっている時に自分の頭をなでる仕草や、指先に髪の毛を絡ませる仕草をする事が多いのです。

「来週の予定あいてる?」と誘って、「えーっ、どうだったかなぁー」なんて毛先をもてあそんでいるのは、嬉しいけれどちょっとまよっているフリをしてじらしているか、照れ隠しをしているというサインです。

まとめ

○ 髪をいじる仕草の心理は、目線や言葉など他のリアクションをあわせて判断する
○ 髪をいじるときにその場から逃れたい、気持ちがないことをアピールしていることがある
○ 甘えたい気持ちや、相手に対する恥じらいが現れていることがある

髪をいじるときの心理と一口に言っても、そのときの視線や表情によって好意的なリアクションになる場合と、距離を置きたがっている場合とまるで反対な心理が隠されているなんて面白いですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告