脳の休憩方法、リフレッシュなら瞑想とゲームどっちをとる?

脳 休憩方法 (1)_R
集中して仕事をした後や、勉強の後、『頭を使ったあ!』という手応えを感じた後、どんな休憩方法をとりますか?

ただボーッとするのももったいないし、ゲームをして気分転換・・・なんていう人も多いと思いますが、それでは本当の休憩にならないのです。

脳を休める休憩方法として効果的な方法は何かまとめていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

脳を休めるには瞑想をマスターしよう

瞑想というのは、潜在意識から自由になって、一歩下がったところから自分を見つめる時間を過ごすことです。

やってみると、何も考えないということが難しいと感じる人も多いことでしょう。

それだけに、瞑想にチャレンジして見ると、自分の自由にならない考えや心配事に支配されていることに気付きます。

なんとなく脳を使う事をやめて、何も考えない瞑想の時間を過ごすのは、脳の休憩方法として効果的なのです。

楽な姿勢で座り、呼吸に集中し、何か他の考えが浮かんでも考えない、そして瞑想する自分を観察するように時間を過ごすのです。

何も考えない時間を持つ瞑想で、集中力がアップします。

脳 休憩方法 (2)_R

90分に一度15分の休憩を取るサイクルを実行しよう

一流の人は、一定のサイクルで生活していることがわかっています。

睡眠のサイクルがほぼ90分で巡ってくるように、行動のサイクルも90分サイクルで行うのが適しているのです。

タイマーを利用して、90分間仕事や学習に没頭し、5分程度休むという休憩方法をとるのです。

休憩方法は自分がリラックス出来ると感じる他のことであれば何でも良いといいます。

同じ作業を長時間続けると脳は変化を求めてストレスを感じ始めます。

90分ごとに全く違った刺激を受けることでリフレッシュ出来るというのです。

ただ、根を詰めて眉間にしわの出来る様な作業を続けた後90分後にゲームというのでは、リラックス出来る前に、神経がすり減ってしまいそうですね。

消耗する作業は控えた方が、休息方法として向いているでしょう。

まとめ

○ 脳を休ませる休憩方法として瞑想を取り入れるのがおすすめ
○ 90分サイクルで休憩を入れる方法は、リフレッシュ効果が高い
○ 脳を休ませることを意識すると集中力がアップする

全く違った行動をリフレッシュに使えると、気分が変わって脳が集中力をまします。

何もしない、何も考えない無になる時間を意図的に作ることで脳を積極的に休憩させる事が出来、疲れが取れるのです。

この機会に、呼吸法を意識した瞑想と、一定のサイクルで生活することを取り入れて見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告