提案力を向上させる方法とは?営業成績がきっと変わる!

提案力 向上 方法 (1)_R
営業を成功させるには、提案力が重要です。

同じ条件を提示するのにも、見せ方、アプローチの方法で、クライアントが受ける印象が違ってきます。

つまり、提案力の工場が契約の成功に結びつくのです。

では、提案力の向上させる方法についてまとめていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

提案力はクライアントの思いを受け止めることで向上する

営業成績を上げるために重要なポイントは何でしょう?

いきなり、自社製品の素晴らしさ、契約のメリットを必死によどみなく話す営業マンはダメです。

本当に力のある営業マンは、クライアントの思いに沿って提案する力が優れているのです。

自分がコレを売りたいとか、こう契約したいと言うことではなく、クライアントの望みを深く理解して自社の製品(または企画)がどんなメリットをもたらすのか提案する事が契約成立の鍵になるのです。

相手の話に耳を傾け、自分が言いたいことは後回しくらいでちょうどよいのです。

わかりやすく自社の情報を伝えようと力むよりも、クライアントが本当に必要としている情報、提案が出来る方が心をつかむことが出来るのです。

契約に直接関係ないことでも、クライアントの人間的な部分に興味を持つことも、考え方を知る上で大切になってきますし、話したいと思っていることを上手く相づちを打って話してもらいましょう。

論理で納得、感情で決断

営業でクライアントへのアプローチとしては、情やストーリーで気持ちをつかみ、論理的に説得力のある話の組み立てでアピールし、最後の決断は情に訴えるのがいいのです。

根拠を示して筋道立てた論理的に説明されれば説得力があります。

そこであなたの提案を受けてくれるかは、人間的に信頼してもらえたか、傾聴してくれる相手かという情に訴える部分で決まるのです。

提案力を向上させるという事は、傾聴し、相手の意を汲んで寄り添うように製品(または企画)を提示出来る様になると言うことなのです。

「クライアントが真に望んでいることは何か」に気付くことができる営業マンこそ、提案力を向上させる方法を知っていると言えます。

まとめ

○ 営業マンの実力は提案力で決まる
○ 提案力は、クライアントの望みを傾聴し、気付くことで向上する
○ 話しすぎない、寄り添い情に訴えることが契約を決定的にする

契約を決めてもらうには、相手の思いをつかむことが第一歩です。

傾聴して、クライアントが気付かないようなおすすめポイントをさりげなく提案出来たら、心をつかまれると思いませんか?

どんな趣味嗜好をもっているのか、何を解決したいと思っているのかを鋭く見抜く力を鍛えることが、提案力向上の方法に結びついていくのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告