仮眠は短時間が最適!寝過ぎを防いでベストパフォーマンス

仮眠 時間 最適_R
疲労がたまってきたのをガマンしているだけでは、パフォーマンスが落ちてしまいます。

ごく短時間の仮眠をとることで、パフォーマンスや集中力を保ったまま作業を続ける事が出来るという研究結果が注目されています。

短時間の仮眠でベストパフォーマンスを維持する方法についてまとめていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

短時間の仮眠でパフォーマンスを維持する方法

・仮眠は眠くなる前にとる
・座ったまま15~20分以内の仮眠をとる
・仮眠の前にコーヒーなどカフェインを摂取する
・耳栓、アイマスクで外界の刺激を遮断する
・目覚めたら太陽の光を1分以上浴びる
・冷水を飲むか顔を洗う

これが、パフォーマンスを落とさないための最適な仮眠の取り方です。

深い睡眠に入ってしまうと、覚醒に時間がかかってしまい、仮眠から目覚めて仕事を始めるまでにぼーっとしてしまうので、あえて「浅い眠りを短時間とることが最適で、リフレッできる」という考え方に基づいています。

ハードワーカーの人の仮眠について

ナポレオンは3時間しか眠らなかったという逸話が残されていますが、実は、仮眠をとるのがとても上手で、浅い細切れの仮眠を活用していたとされています。

睡眠時間を削って頑張るハードワーカー、受験生にも応用可能だと思わせますね。

人の睡眠のサイクルは、90分サイクル、15~20分、1分間の3種類になります。

このサイクルを意識して仮眠をとると効率よく疲労をとることが出来、最適な仮眠時間になります。

90分の仮眠では、一度熟睡する時間があるので疲労回復効果が高い仮眠となります。

15~20分で切り上げる仮眠は、あえて熟睡を経ないので、だるさを残さず休息してパフォーマンスを回復させる効果があります。

最短の1分間の休息では、目を閉じて視覚からの情報をシャットアウトして脳を休めます。

徹夜の場合には、2時から4時の間に仮眠の時間をとるのが最も効率的な仮眠が取れるとされています。

まとめ

○ 短時間の仮眠はあえて熟睡に入る前に起きるタイミングである
○ 細切れの仮眠でも、頭をリフレッシュさせる
○ 徹夜でも、仮眠の取り方次第で疲労をとることが出来る

仮眠でパフォーマンスを落とさない作業の仕方が注目されていますが、徹夜や極端に短い睡眠時間で仕事をしている人が、最適な仮眠の取り方が実践出来たら、1日3時間以下の睡眠時間でも十分やれるという事になりますね。

果たして細切れの睡眠で良いパフォーマンスを生み出すことが出来るのか興味深いですね。

チャレンジして見てはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告