愛される人になる方法!ぜひ使いたい言葉5選

愛される人になる方法 (1)_R
「愛される人になる方法があるなら知りたい・・・」

なんとなくポツンとしてしまう、人と衝突することが多い、会話が続かないという事があると、愛される人になる方法って何だろうと気になります。

もしかすると、自分の表情や言葉が、心と違うシグナルを相手に送ってしまっているのかもしれませんね。

照れ屋さんや、緊張してしまう人、プライドのたかい人は、知らず知らずに本心を隠すような行動を取ってしまうので誤解を受けやすくなります。

そんなとき、愛される人になる方法として、使っていきたい言葉を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

愛される人になる方法~使いたい5つの言葉たち

おはようございます

とりあえず言葉を交わすと、心の距離が近づきます。

朝ならおはようございますですが、「お疲れ様です」や、「今日のシャツステキですね」でも、何か先に声をかけてくれる人は、人とのコミュニケーションが上手です。

愛される人になる方法を実践している人です。

ありがとうございます

何かしてもらったら、「ありがとうございます」と言える素直さを感じてもらうことが、愛される人になる方法です。

ちょっぴりお節介でも、自分の考えと違った行動でもとりあえず「ありがとう」と受け止めて、リクエストは別に伝えられる余裕のある人は愛されます。

嬉しい!

ありがとうと同じように見えますが、表情やしぐさのリアクションがしっかり伝わる「嬉しい!」という言葉は、言われた方も嬉しいのです。

当然のことと思っていても、「嬉しい!」と笑顔で喜ばれたら、もっと何かしてあげたいなと思ってしまいます。

すごいですね、ステキですね

相手の行動を、嫌みにならない様に尊敬を込めてみとめられる人は、愛される方法を実践している人です。

余計な見栄やかけひきはなしで、素直に「すごいですね」「ステキですね」と自然に言える人は一緒にいたいと思わせる心地よさを持っていますね。

はい!(喜んで)

何か頼まれて、笑顔ですぐに「はい!」と答えてもらえたら、気持ちいいですよね。

やりたくないわけではないのに、暗い表情で「はい、はい」と返されると、相手は、嫌々なんだなと感じてしまいます。

愛される方法を実践している人は、気持ちに正直に明るく「はい」と答えます。

まとめ

○ 相手との心の距離を縮めるには、素直な気持ちを言葉に込めましょう
○ 心の距離を近く感じてもらえると、愛される人になれます

警戒心が強い人は、この5つの言葉を意識する事で、相手との距離が縮まって愛される人になれるでしょう。

相手に気に入られようと気を使い続けるとくたびれてしまいますが、ちょっとした言葉に気をつけるだけでも、愛される人になる方法になるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告