心が折れるとキツイ!きっと立ち直る3つの方法とは?

心が折れる 立ち直る (1)_R
人間関係で悩んでいる、就職試験が上手くいかない、失恋、親しい人の死など、ネガティブな感情に支配される事があると、何をする気にもなれずに、心が折れると感じますね。

でも、気持ちの持ち方で、人は立ち直ることが出来るのです。

心が折れると感じたとき、きっと立ち直る事が出来る3つの方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

誰かと話をする

人に拒絶され続けたときや、自分の無力を思い知ったときに心が折れる気持ちになりますね。

人の心が折れるときには孤独感に支配されている事が多いのです。

家族や友達などと話をするだけで、気持ちが軽くなり、立ち直る勇気が湧くのです。

直接悩みを相談するだけでなく、一緒に遊びに行く、食事するなど、時間を共有する相手がいるだけで、ネガティブな気持ちに支配されなくて済むのです。

心が折れる 立ち直る (2)_R

過剰な成功イメージを捨て、自分と向き合う

心が折れて、自分がダメな奴だと落ち込んでいるときに、過剰な成功イメージにとらわれていなかったか振り返ってみましょう。

周りの期待に応えたいがために、無理していませんでしたか?

あるがままの自分を受け入れて、目の前の事実に向き合う事が立ち直るための近道です。

失敗しない人間も、傷つかない人間もいません。

そう思えたなら、きっと立ち直ることが出来ます。

コントロール出来ないことは、変えられなくて当たり前

人はそれぞれの価値観や都合で動いています。

すべてを受け入れてもらえないことがありますが、あなたに対して悪意をもっているわけではありません。

相手によかれと思って取った行動に反発されることもあるでしょう。

自分を相手の身に置き換えて考えてもすべてを理解するのは不可能です。

高校野球の名将が勝負にのぞむときの心構えをこう話しています。

『チーム力に差があるとか、打たれたらどうしようとか自分の力の及ばないことをあれこれ心配するとプレッシャーになる。自分なりの精一杯のプレーを、自信を持ってやれ。』

あなたが、面接を何度も受けても通らないとします。

相手の都合に合わなかったから不合格なのであって、あなた自信が否定されたワケではありません。

相手の都合という部分はどうしようもないわけです。

まとめ

○ 誰かと話をしてネガティブな気持ちに支配されないようにする
○ 本来の自分に向き合って問題を解決する手法を探る
○ 自分でコントロール出来ない事があって当たり前だと考える

心が折れる時、上手くいかないことを自分の中に求めて、ネガティブな感情に支配されないようにしましょう。

他人からの評価は、自分が出来るだけの事をした後でついてくる物と開き直れば、気持ちがラクになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告