野菜ジュースを手作りして美肌なる!オススメのレシピは?

野菜ジュース 手作り 美肌 (1)_R
低速ジューサーを使った手作りの野菜ジュースや、スムージーは便秘解消や美肌に良いと話題ですね。

特に、新陳代謝をサポートして、肌の生まれ変わりを応援する成分として、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、亜鉛、葉酸の補給が欠かせません。

また、便秘すると吹き出物や肌荒れの原因になりますが、食物繊維が便秘の予防に役立ちます。

では、美肌に役立つ手作り野菜ジュースの手作りレシピをご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

美肌にオススメの組み合わせ

オススメ①:アスパラ2~3本、キウイ1/2、グレープフルーツ1個

アスパラは根元を少し落としてざく切り、キウイは皮をむいて、グレープフルーツはあらかじめしぼって使います。

ジューサーにそのままかけてスムージーとして飲みます。

オリーブオイルを数滴垂らすと、ビタミンAの吸収がアップします。

オススメ②:ほうれん草2株、豆乳1/2カップ、白ごま小さじ2、はちみつ小さじ2

ほうれん草は洗って根を落としてざく切りにし、豆乳、白ごま、はちみつと一緒にジューサーにかけます。

ごまの脂質がほうれん草のビタミンAの吸収を良くし、ごま自身のビタミンEが抗酸化作用や、血流アップに役立ちます。

豆乳のたんぱく質が美肌の材料になりますし、イソフラボン効果も期待出来ます。

はちみつに含まれる亜鉛やミネラルも肌代謝には欠かせません。

野菜ジュース 手作り 美肌 (2)_R

美肌にオススメ野菜ジュース、食材選びのポイント

果物は、ビタミンCが豊富です。

キウイ、イチゴ、桃、グレープフルーツ、レモン、パイナップル、リンゴなど手に入りやすい果物を使って見ましょう。

香りや甘みの強いパイナップルは、クセのあるグリーンスムージーを飲みやすくしてくれます。

ただし、グレープフルーツなどはクエン酸の効果で豆乳や牛乳が分離する事があるので、プラスしたい時にはヨーグルトが無難です。

野菜では、ほうれん草などの青菜、アスパラや、にんじん、トマト、赤ピーマンが飲みやすく、ビタミンA、ビタミンCが豊富です。

野菜や果物を生で使うのと、酵素を摂取出来ます。

ごまのビタミンE、きなこや豆乳のイソフラボンも美肌効果に向いています。

まとめ

○ 美肌に手作りの野菜ジュースを飲むとたくさんの食材を簡単に摂れる
○ 生の野菜や果物から酵素が摂れる

ビタミン豊富な果物や野菜と、豆乳、ごま、はちみつ、ヨーグルトなどと組み合わせる事で、美肌に役立つ野菜ジュースが手軽に出来ます。

手作りの野菜ジュースは、生の野菜や果物がたっぷり摂れて、便秘解消の面からも、美肌効果に期待が出来ますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告