寝不足を解消!短時間の仮眠前にはコーヒーを飲むといい?

寝不足 解消 短時間 (1)_R
まとめて取る睡眠時間が3時間~4時間でも大丈夫な方法があると言います。

ボートの耐久レースや、宇宙飛行士、軍隊でも使われている睡眠のとりかたのテクニックに共通しているのは、短い仮眠を計画的に取ることで寝不足を解消しているところです。

短時間の仮眠や昼寝を上手く組み合わせることが、寝不足を解消するポイントになっています。

では、寝不足解消に有効な短時間の仮眠についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

仮眠の前にコーヒーを飲むテクニックとは?

人の睡眠サイクルは、深夜2時頃と、昼下がりの2時頃にピークがきやすくなっています。

昼食後の眠くなるタイミングに合わせて20分程度の仮眠をとるパワーナップが注目されていますね。

仮眠とコーヒーと聞くと、目覚めの一杯とイメージしがちですが、仮眠直前にカフェインを摂るのがオススメです。

こうした仮眠の直前にカフェインを取ると、血中濃度が上がってくる15分~20分後にスッキリ目覚める事が出来るのです。

睡眠不足を解消したい時には、『仮眠前のコーヒー+仮眠』が効果的なのです。

こうした仮眠では、30分以上寝てしまうと、体まで休眠してだるくなってしまうので、机に突っ伏したままの浅い眠りの方がスッキリ感があります。

寝不足を感じているときには、午後の仕事を始める直前にコーヒーと15分の仮眠を取ってみましょう。

寝不足 解消 短時間 (2)_R

寝不足解消を短時間で行うためには仮眠が一番!

寝不足を日常的に感じている人は、休日に寝だめをしがちです。

けれども、規則正しい生活リズムが崩れてしまっては、休息の質が落ちてしまい、寝不足解消にはなりません。

寝不足を解消するのに大切なのは・・・

・日常の睡眠の質を上げる
・脳を休ませる仮眠を上手く取り入れる事

休日には、寝坊するにしても2時間程度の延長にとどめておき、極端に起床時間がずれないようにします。

短時間での仮眠は、脳をリフレッシュさせてくれ、判断力を担当する前頭前皮質の働きを落とさないので、スッキリ出来るのです。

こうした仮眠では、30分以上眠ると体がだるくなってしまうので、『15分程度の仮眠』というところがポイントになります。

まとめ

○ 寝不足を解消するには短時間の仮眠が有効
○ コーヒーを飲んでとる15分の仮眠は、スッキリ感がでる

まとめて睡眠を取れないヨットレースのなどでは、4時間おきに20分の睡眠を取るというのが、効率の良い睡眠を取るテクニックとなっています。

寝不足を解消するには、単純に睡眠時間を長くするよりも、仮眠のほうが効果的なケースが多くありそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告