雨の日の体調不良に対策!

雨の日 体調不良 対策 (1)_R
雨の日はなんとなく体調不良を感じるという人は多いですね。

晴れ晴れとしたお天気と比べて気分も沈みがちです。

頭痛や膝の痛みなど、気圧の変化や湿度が原因とされていて、体調不良はお天気次第とうのは、悩ましいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

雨の日に体調不良になる原因とは?

気圧が低くなることで、血圧低下やむくみが出やすくなります。

そうした体のバランスが崩れることで、ヒスタミンが多くなり、自律神経にも影響が現れます。

気分の問題だけで無く、低気圧や湿度などが体の調節機能そのものに影響を与えるのです。

漢方の世界では、『邪湿』という言葉があり、梅雨時のハッキリしない天気が続くときに体に悪い水分がたまって体調不良を起こすという考え方があります。

低血圧やむくみが起きると、リンパの流れが悪くなり、老廃物の排出が滞りがちになるので、体調不良が起きやすいというのも納得出来ますね。

また、雨で太陽光が少ないと、太陽光を浴びる事で作られるセロトニンが不足してしまうので、不安感を感じやすく精神的に不安定になりやすいと説明する事が出来ます。

血圧の安定、むくみ防止、ヒスタミン分泌を抑える、セロトニン不足を補うと、雨の日の体調不良対策になります。

雨の日 体調不良 対策 (2)_R

雨の日の体調不良対策にオススメの方法

・ぬるめのお風呂に入って汗をかく
・スクワットやウォーキングなどふくらはぎを使う運動
・香り成分の強い食品、シソやゆずを取り入れる
・ローズマリーやペパーミントで気分をリフレッシュさせる
・普段から自立神経を鍛える生活をする

ぬるめのお風呂にゆっくり入り、汗をしっかりかくと、デトックス効果でむくみが取れます。

血流やリンパの流れを良くして、不要な水分と老廃物を排出出来ます。

気分がリラックスするので、ヒスタミンで活発になりがちな交感神経を穏やかにして、痛みがラクになる効果も期待出来ます。

ふくらはぎをしっかり使う運動も血行を良くするので、頭痛やだるさの解消に役立ちます。

まとめ

普段から日光をしっかり浴びて、適度な運動と規則正しい生活をする事が、自律神経を鍛えて雨の日の体調不良対策になります。

雨の日の体調不良は、古傷がある場合や、自律神経のバランスが崩れると感じやすくなります。

お風呂でリラックスしたり、血行を良くする対策と併せて、日頃の生活習慣も見直して行きたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告