【仕事の悩み】口下手だけどいい方法はない??会話を続けるには?

仕事 悩み 口下手 (1)_R

仕事上の悩みで、「上手く話せない」「口下手で困っている」という人は多いものです。

プレゼンしなければいけない事もありますし、日常の業務連絡でも口ごもってしまったり、なんとなく雑談をする事が出来なくて苦痛だと、口下手を悩みに感じていませんか?

話が途切れずに、会話のやりとりが出来る口下手解消法について考えて行きましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

口下手を克服していい雰囲気を作るには?

・身を乗り出して話を聞く
・相手の話を繰り返し話を引き出す
・相手が聞いて欲しいと思っている事をうながす
・感心、感動、興味など相づちやリアクションで見せる

口下手を気にしていても、相手の気持ちに共感するメッセージが伝わると、雰囲気が悪くなることはありません。

口下手で損をしてしまうのは、「せっかく一生懸命はなしても、反応がない」と思われてしまうことです。

興味が無いのかなと感じた相手は、話をしたくなくなりますし、言葉数が少なくなると、気まずい空気を感じる事が多く、雰囲気が重くなります。

相手の話にしっかりリアクションして、相手が話したいと思う欲求に応えていけば、会話が途切れる事もありませんし、話題の糸口も複数見つかります。

「それは素晴らしいですね」「素敵ですね」「すごいですね」「苦労されたのですね」という相づちと、それにあった驚きや感心の表情を使って見ましょう。

仕事 悩み 口下手 (2)_R

口下手はマイナス要素ばかりなのか?

口下手を悩みとしてあげる人は、仕事の時に上手く会話が弾まないことや、交渉ごとが思ったように出来ないと悩んでいます。

けれども、口下手で口数が少なくても、相手の話したい欲求を受け入れる事が出来れば悩む事はありません。

自分の事を受け止めてもらえたと感じた相手は、あなたに信頼感を持ってくれるので、あなたの言葉に重みを感じるはずです。

無理に調子のいいことをいうよりも、どっしりと落ち着いた人というイメージで仕事に臨むという方法もあります。

口数ではなく、相手の信頼を得ること、誠意を持って向き合う事を心に留めてみてください。

まとめ

○ 口下手さんは、相手を受け止めるリアクションを磨くと良い
○ 相手から信頼は、口数だけでは決まらない

仕事での悩みが口下手だと言っても、いくらでも長所にかえる事が出来ます。

自分に足りないことがあるのではと振り返る事が出来る人間性を持っている人は、伸びしろが大きいですから、自信を持って出来る事からチャレンジして見ましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告