時間の効率的な使い方について

時間 効率的 使い方 (1)_R

東大出身の高学歴タレントの三浦奈保子さんは、信号待ちの時間を利用して、英語の辞書を1冊暗記したと言います。

時間を効率的に使うことを意識して、生活を見直すと、スキルアップのための勉強時間や、趣味の時間が生み出せる可能性大ですね。

時間の効率的な使い方についてまとめていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

時間の効率的な使い方を見直すためには?

① 5つの分野に分けて時間の使い方をチェックしてみましょう。

・睡眠(6時間前後)
・食事や風呂、トイレ(2時間~3時間)
・仕事(通勤を含めて10時間~12時間)
・健康維持・スキルアップ
・自分のための時間・休息

睡眠、食事、風呂、トイレ、仕事と優先順位の高いものをこなした後の残りの時間は、4時間程度しかありません。

② やるべき事を書きだして優先順位をきめる

仕事を時間内に効率よくこなすためには、取りかかる順序が決まっていて、インターバルが少ない事がポイントです。

やるべき仕事を書き出すと・・・
・まとめられるものはまとめて行える
・期限を設けて取り組む事で集中できる
・スキマ時間を見つけられて効率アップ

③無駄な時間を作らない

・テレビのスイッチを切る
・見なくて良いものはシャットアウト
・付き合いも管理できる範囲に絞り込む
・スキマ時間にする事を決めておく

メールやLINE、ダラダラとゲーム、つけっぱなしのテレビなど本当にやりたい事に集中出来ない環境になっていませんか?

スキマ時間に読書、引き出し整理、メール返信などまとまった時間が無くても出来る事を当てるとまとまった時間の確保が出来る様になります。

時間 効率的 使い方 (2)_R

時間の効率的な使い方の落とし穴は?

無駄な時間を作らないことに必死になっていると、余裕がなくなって気持ちが追い詰められてしまいます。

ONとOFFを上手く使い分け、時間管理を楽しんで行いましょう。

ホッとする暇が一切無いほどタイトなスケジュールを組むと嫌になってしまいますし、計画通りに行かないとストレスを感じてしまいます。

見積もりと柔軟性を加えて時間の使い方をコントロール出来る事が大切なのです。

まとめ

○ 普段の時間の使い方をチェックして改良点を洗い出す
○ どれくらいの時間が必要か見積もりする習慣を持つ
○ ONとOFFを使い分け、柔軟に時間をコントロールして行く

仕事や家事のタイトなスケジュールをクリア出来る様になれば、それだけ自由な時間が増えることになります。

効率的に時間を使うと、豊かな時間を確保できると考えられる時間管理が理想的ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告