文章作成能力の向上に必要な3つのこと

文章作成能力 向上 (1)_R

文章作成能力の向上に必要なポイントが知りたいと思う場面は多いですね。

伝わりやすい文章が書けたら、ブログ記事、企画書、レポートやメールに生かす事が出来ます。

文章作成能力の向上に必要な3つのポイントについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

文章作成能力の向上に必要な3つのポイントとは?

① 伝えたい思いがこもっていること
② 結論から先に述べること
③ 一文に一主題であること

それぞれのポイントについて解説と具体例を挙げていきましょう。

① 伝えたい思いがこもっていること

何を書きたいか整理がつかないまま書いた文章と、自分の気持ちとテーマが一致した文章では、説得力が違います。

伝えたい思いがこもっていると、あいまいな表現が減り、説得力のある表現が自然と多くなります。

② 結論から先に述べること

結論~理由~具体例~最終結論

読み手は、結論が始めにあると、文章の主題をつかみやすいですね。

PREP法(プレップ法)として、一般に広く使われている文章構成の基本です。

③ 一文に一主題であること

“北海道名物のジンギスカンは、ヒツジの肉を使ったおいしい郷土料理で観光客に人気があるメニューですが、チャンチャン焼きは名産の鮭を豪快に鉄板で焼いていて、野菜もたくさん食べられる料理なので魚の苦手な人も食べられるでしょう。”

こうなるとワケがわかりません。

主題が、”北海道の人気料理”なのか、”ジンギスカン”についてなのか、”チャンチャン焼き”についてなのかブレまくりです。

その上文章のシメが、”~でしょう”では説得力がありませんね。

文章作成能力 向上 (2)_R

文章作成能力の向上に取り組むには?

・結論~理由~具体例~最終結論の構成を意識する
・社説や手本となる文章を、技術を盗む視点で書き写す
・書いた文章を、時間をおいて読み直し、わかりやすさを点検する

たくさんの文章に触れて感覚を磨くと、自分の書いた文章の違和感を発見できるようになります。

一度書いた文章は、時間をおいて読み返し、チェックする習慣をつけましょう。

まとめ

○ 主題がハッキリ伝わる文章を意識する
○ PREP法を使って構成する
○ 一文に一主題、簡潔な文章を心がける

文章に接するときにポイントを意識して読み書きすると、文章作成能力が向上します。

「どうもまとまりのない文章になってしまう」という場合には、構成を意識する事、一文をシンプルにする事から始めてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告