牛乳を飲酒前に飲むと二日酔い防止にどれくらいの効果がある?

牛乳 飲酒 効果 (1)
“飲み会の前に牛乳を飲んでおく”という人は多いですね。

飲酒の前に牛乳を飲んでおくと、悪酔いしないとか、酔いが回りにくいとか言われますが、どれくらい効果があるかは、ハッキリしません。

飲酒の時、牛乳を飲んでおくべきなのか、また、酔いが回りにくくなる効果的な方法はないのかまとめていきましょう。

飲酒の前の牛乳効果はどうなの?

空腹だと酔いが早く回りますが、胃の中に消化に時間がかかるものが入っていると、アルコールの吸収がゆっくりになり、酔いが回りにくくなります。

すきっ腹よりよりも、牛乳1本でも飲んで置いた方がマシというのは確かですが、劇的な効果は期待出来ません。

牛乳の酔いをゆっくりにする効果はどうなのでしょう?

アルコールが体の中で分解されるときに、胃の中に脂肪など消化に時間がかかるものが入っていると、より、アルコールの吸収がゆっくりになります。

たんぱく質が豊富な食べ物は、アルコールの代謝に効果的なので、『飲酒の前に牛乳』と言われるようになったのです。

ただ、飲酒で具合が悪くなる場合には、アルコールが分解されるときに発生するアセトアルデヒドを分解する酵素が足りていない事が原因ですから、牛乳を飲んでも、二日酔いに効果があるとは言えません。

牛乳 飲酒 効果 (2)

酔いが回りにくくなる効果的な飲酒対策は?

・胃腸薬を飲酒の前に飲む
・ウコンやシジミエキスを飲む
・ビタミン剤(ハイチオールC)を飲む
・牛黄(ごおう)の入ったクスリを飲む

お酒が回りにくくなると言われている方法を並べてみましたが、肝臓の機能を高めるウコンやシジミエキスのドリンクやサプリメントは、牛乳だけよりも効果が高いですね。

また、アルコールの分解をすすめるためには、たんぱく質とビタミンが欠かせませんが、ハイチオールCは、L-システインが配合されていて、肝臓の解毒作用アップに効果的です。

また、アルコール代謝をスムーズにする成分としては牛黄(ごおう)も注目です。

効果がすごいと噂の二日酔い対策の薬には、牛黄(ごおう)が入っています。

まとめ

○ 牛乳は劇的に酔いを緩やかにする効果はない…ザンネン
○ 酔いを回りにくくするには、胃腸薬が意外に効果あり
○ L-システイン、牛黄(ごおう)はアルコール代謝に効果的

ハイチオールCや、牛黄カプセルは、お酒を飲む仕事の人も愛用者が多いと言います。

牛乳よりも効果があります。

ただ、こうしたものを飲んだからといって、ハイペースで定量を超えた場合は、急性アルコール中毒の危険と隣り合わせですから、ご注意ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする